11月9日から広島市で開催されたNHK杯、宇野昌磨はスケートカナダに続く優勝を果たしてグランプリ(GP)ファイナル進出を決めた。



NHK杯で優勝してファイナル進出を決めた宇野昌磨

 この大会、宇野はショートプログラム(SP)最初の4回転フリップは決めたものの、ふたつ目の4回転トーループは最近の大きな課題になっている回りすぎが出て転倒。連続ジャンプにできなかったこともあり、納得の表情というわけにはいかなかった。演技構成点も5項目中3項目が8点台になって伸び悩み、得点は92.49点。トップには立ったが、2位のセルゲイ・ボロノフ(ロシア)とは1.12点差と、そこまで大きな差をつけられなかった。

「カナダで失敗したトリプルアクセルを決められたし、(樋口)美穂子先生から『カナダの時より体も動いていて悪い滑りじゃなかった』と言われました。でも、試合になると体が動きすぎてジャンプも回りすぎになって、イメージどおりの失敗になってしまったのが心残りです。6分間練習でジャンプが前傾しているのに気がついたのでそれは修正できましたけど、4回転トーループはずっと回りすぎて失敗しているので、そろそろ何とかしなければいけないと思います」

 あまりにもミスが続くので、宇野はSPの4回転トーループ+3回転トーループを、「2本目ではなく、疲労が出てくる後半の3本目に持っていく」ことも考えたという。

 それでも、翌日のフリーでは「4回転のサルコウ、フリップ、トーループと自分のリズムができているので、練習どおりに跳べるし、自信があった」と宇野自身が言うように、最初の4回転サルコウこそ回転不足を取られたが、4回転フリップは2.83点の加点で、4回転トーループは3.39点の加点をもらう出来にした。

 だが、コレオシークエンスの後の4回転トーループは着氷でステップアウトして連続ジャンプにできず、最後の3回転サルコウ+3回転トーループもサルコウが回りすぎるようなジャンプになって3回転トーループを付けられなくなり、結局コンビネーションジャンプは1本だけに。この結果、183.96点を獲得してフリーもトップになって完全優勝を決めたが、合計は276.45点で前戦のスケートカナダより低い点数だった。

「3回転サルコウ+3回転トーループはこれまでもけっこう失敗しているから跳びたかったですが、トリプルアクセル+1Eu+3回転フリップは跳べましたし、4回転サルコウも回転不足は取られましたけど、自分としては悪くないジャンプだったと思います。ふたつ目の4回転トーループは、ショートのように思い切り行ったトーループではなくて、いつもの練習のようにやろうとしました。そんなに斜めになっていなくて行けるかなという感触だったので、全体的にはちゃんとしたいい演技に一歩近づいたのではないかと思います」

 そして宇野は「昨日のショートの後はジャンプの構成を変えることも考えていると言ったけど、まだ数回は今の構成を続けてみて、その中で自分の気持ちをどうコントロールするか、チャレンジして向き合っていきたいという気持ちに変わった」と穏やかな表情で話した。失敗から逃げるのではなく、正面から挑戦してそれを克服しなければ、次の段階へは進めないと考えたのだ。

 今シーズンのGPシリーズ4戦が終わった時点で、男子の最高得点はフィンランド大会の羽生結弦の297.12点。その次がスケートアメリカ優勝のネイサン・チェン(アメリカ)の280.57点で、それに続くのが宇野のスケートカナダでの277.25点となっている。そのほかの上位の得点は、スケートカナダで記録したキーガン・メッシング(カナダ)の265.17点で、他は250点台が3人という低スコア。合計300点超の選手はまだ出ていないため、300点がひとつの壁になっているのが現状だ。

 また、フリーの演技時間が変わらなかった女子に対し、男子は30秒短縮になった影響か、フリーではGOE減点もない完全なノーミスの演技を誰もできていない。1本少なくなったジャンプにかかる時間を約10秒とすると、今シーズンのフリーは約4分の間に昨シーズンまでの4分20秒分の演技を入れ込まなければいけない計算になる。その精神面、体力面での余裕のなさがミスを生み、なかなかノーミスの演技ができない状況につながっているのだろう。

 大きなミスなく滑り切れば、計算上は300点以上を獲得できる演技構成となっているトップスケーターのうち、誰が最初に300点超を実現するか。男子のGPファイナル出場権争いは、より完璧に近い演技に近づけて、合計300点を目指す戦いになりそうだ。