第71回全日本バレーボール高等学校選手権大会 鹿児島代表決定戦・男子決勝。

第1セットから両者全く譲らない接戦を演じる展開。

セット中盤からコンビバレーがはまりだした鹿児島商業がこのセットをものにしました。

その後も鹿児島商業が流れをつかむと、エース大赦やMB山元ら2年生が躍動。

最終的には鹿児島商業がストレートで相手を下し、3年ぶり29回目の全国出場を決めています。

 

解説:古田 康洋(鹿児島県バレーボール協会 指導普及副委員長)

   迫田 さおり(元日本代表)

実況:前原 竜二

協力:鹿児島テレビ