COLLEGE MONSTERS

大学というステージで、勉強とスポーツの両立を目指し、日々切磋琢磨する学生アスリートの素顔を紹介するインタビュー企画です。CATが注目する学生アスリートの魅力を深掘りしていきます。

あなたのプロフィールを教えてください。
名前:栁下岳 (やぎした・がく)
身長/体重:174cm/63㎏
所属:立教大学ローラーホッケー部
出身高校:立教新座高校

この競技を始めたきっかけを教えてください。
大学日本一に憧れたから。

この競技の好きなところを教えてください。
ゲーム展開の速さ。

将来の夢を教えてください。
今年度、必ず大学日本一の座を獲得すること。

一問一答

スポーツ以外に夢中なことは何ですか?
友達と遊ぶことです。
最高のリフレッシュになります。

好きな言葉は何ですか?
"No pain, No gain."
何事も苦労や犠牲なくして得られるものはないという精神が好きです。

得意な科目は何ですか?
体育です。
ペンを持ち机に向かう系の科目は基本的に苦手です。

最近、ブルッたことは何ですか?
インカレ決勝戦、1点ビハインドの中、同点に追いついたこと。
チームスポーツをやってる理由は、喜びを仲間と共有する、あの瞬間が好きでたまらないからだと思います。

小学生の頃の夢は何でしたか?
白バイ隊員です。
悪い人をバイクで追い、撃ちまくることが夢でした。

あなたが尊敬する人は誰ですか? 
歴代の主将を務めた先輩方。
今自身がその立場に置かれて、改めて思うことがあったから。

夢に向かって日頃から心がけていることは何ですか?
伝えることです。
自分が感じたこと思ったことは、たとえ先輩に対してであっても、言いづらくても、伝えるという事を心がけています。

あなたが思う大学スポーツの魅力は何だと思いますか?
自主性の結晶であること。
中、高の部活では少なからず、「やらされている」感はありました。また、プロ選手と違い「やらなくても良いこと」だと思います。誰にやらされる訳でもなく、やらなくても良いことにここまで打ち込める、それぞれの目的のために考え、動く。そういったところが大学スポーツならではの魅力だと思います。