伊藤美誠 Photo:Itaru Chiba

 ITTFワールドツアー・プラチナ「オーストリアオープン」<11月6~11日/リンツ>11月8日・大会3日目、女子シングルス1回戦で先週のスウェーデンオープン女子シングルスで中国トップ選手を立て続けに破り優勝を果たした伊藤美誠スターツSC/世界ランク7位)が世界卓球2018(団体)でチームメイトだった2歳年下の長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園/同37位)を4-1で下し、日本人対決を制して1回戦を突破した。



 伊藤は第1ゲームを5連続ポイントを奪われて先行されるも4-7から7連続ポイントを奪い11-7で先取する。第2ゲームは10連続ポイントを許して1-11で落とす。ここからスイッチを切り替えた伊藤は11-6、11-7、11-7で3ゲームを連取してゲームカウント4-1で2回戦へ駒を進めた。

 2回戦では世界ランク14位の香港のエース・杜凱キンと対決する。順当に行けば準々決勝でスウェーデンオープン決勝の相手(4-0で伊藤が勝利)だった朱雨玲と激突する。

【オーストリアオープン】
<女子シングルス1回戦>
長﨑美柚 1-4 伊藤美誠
7-11/11-1/6-11/7-11/7-11