COLLEGE MONSTERS

大学というステージで、勉強とスポーツの両立を目指し、日々切磋琢磨する学生アスリートの素顔を紹介するインタビュー企画です。CATが注目する学生アスリートの魅力を深掘りしていきます。

あなたのプロフィールを教えてください。
名前:吉川大地(よしかわ・だいち)
身長/体重:180cm/75㎏
所属:慶應義塾大学ホッケー部
出身高校:慶應義塾高校

この競技を始めたきっかけを教えてください。
地元のスポーツ少年団で父がこの競技の監督をしていたからです。

この競技の好きなところを教えてください。
スピード感のある駆け引きが多いところがこの競技の魅力だと思います。

将来の夢を教えてください。
まず、ホッケーでオリンピックに出場することです。その後は…しっかりと働いて、幸せな暮らしがしたいです。(笑)

一問一答

スポーツ以外に夢中なことは何ですか?
バンド活動です。
実は、今年の慶應大学の学園祭「三田祭」のオフィシャルソングの作詞・作曲・ドラムをしています!先日はワンマンライブを行い、企画・渉外を担当したのですが、より良いライブをどのように作り上げるか考えるのに夢中になりました。今は、オフィシャルソングのPV作成の監督をつとめ、完成に向けて夢中になっています。

好きな言葉は何ですか?
「人生は掛け算だ」

得意な科目は何ですか?
高校では数学でしたが、法学部なので今はできません。(笑)
大学では興味をもった言語学と現代中国論の2つのゼミに所属し、勉強しています。

最近、ブルッたことは何ですか?
ホッケーのU21代表として出場した大会の初戦で、シニア世界ランク1位のオーストラリアに勝ったことです。
オーストラリアはここ2年間連続この大会で優勝しており、日本は長い間勝てたことがなかった相手でした。自分たちの代で記録をつくることができてとても嬉しかったです。

小学生の頃の夢は何でしたか?
ホッケーとスキーモーグルのオリンピック選手です。
5歳から両競技を始め、高校まで両立してきました。モーグルでもジュニアナショナルチームに所属し、海外戦に出場していましたが、大切な大会で結果が残せず、ワールドカップメンバーに残れませんでした。怪我も重なったため、大学からはホッケー一筋にすることを決断し、ホッケーにその想いものせて練習を続けています。

あなたが尊敬する人は誰ですか? 
福沢諭吉先生。

夢に向かって日頃から心がけていることは何ですか?
睡眠時間を確保して生活リズムを崩さないことと、毎日決めた自主トレーニングをこなすことです。
その日の調子や睡眠時間、トレーニングなどの記録をつけているのですが、そこで睡眠時間が大切なことや自分にあったトレーニングが明確になってきたからです。

あなたが思う大学スポーツの魅力は何だと思いますか?
自分を磨いて、人間として強くなれるところだと思います。
スポーツをすると、日常生活にはない喜びや悲しみを経験します。また一つの集団として社会性を学ぶ場になります。すべてが楽しいことばかりではないですが、それでも、大きな感動を経験できたり、将来の自分にとってよりプラスなスキルを身につけられることは他のものでは代わらない魅力だと思います。