日本が世界に誇る「韋駄天」が、黒衣軍団との対戦で確かな成長の跡を見せた。

 11月3日、日本代表は2019年ラグビーワールドカップの開幕戦で舞台となる東京・味の素スタジアムにて、W杯2連覇中の王者「オールブラックス」ことニュージーランド代表と激突した。日本代表がオールブラックスに挑むのは、今回で6度目である。



オールブラックス相手に堂々たるプレーを見せた福岡堅樹

 国内の日本代表戦では2004年以降最多となる4万3751人の観客が見守るなか、「ブレイブブロッサムズ(勇敢な桜の戦士たち)」は若手中心のオールブラックスにボールをうまくつながれ、接点でも後手を踏んで10トライを許してしまった。

 その一方、オールブラックスから5トライを挙げたのは、これまでの対戦において過去最多。日本代表を率いるジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)は、「5トライ獲れたことは非常にいい兆しだし、成長の証だと思う」と前向きに語った。

 その日本代表のアタックのなかで、オールブラックスの選手たちが「あのWTB(ウイング)は速い」と舌を巻いたのが、「11番」を背負う福岡堅樹だ。福岡は10月26日の世界選抜戦(28-31)に続き、オールブラックス戦でもワールドクラスの走りを披露したのである。

 筑波大学出身の福岡は、「文武両道のラグビー選手」として有名だ。祖父が医師、父親が歯科医師という家系の影響もあり、東京オリンピック後は医学の道を志すことをすでに決めている。「15人制の日本代表は2019年W杯で最後と決めている。ゴールが見えているからがんばれる」(福岡)。

 試合前、福岡は並々ならぬ口調で意気込みを語っていた。

「5年前の対戦で世界の壁を痛感したので、その雪辱を果たしたい。普段は『チームが勝てばいい』と言っているが、今回は自分自身でトライを獲って、その壁を乗り越えたい!」

 2013年11月にオールブラックスと対戦時、当時の福岡はエディー・ジョーンズHCに抜擢されたばかりの大学2年生。試合終了間際、オールブラックス主将のFL(フランカー)リッチー・マコウにグラウンドから押し出され、ノートライで試合を終えた悔しい思い出があった。

 その後、大学4年生になった福岡は2015年ラグビーW杯で3勝を挙げたチームの一員として活躍し、2016年は7人制日本代表としてリオデジャネイロ五輪で4位入賞に貢献。そして大学卒業後はパナソニック ワイルドナイツで1試合6トライの「ダブルハットトリック」や、サンウルブズの選手としてスーパーラグビーでもトライを量産するなど、その走りに日々磨きをかけてきた。

 前回の対戦時は「オールブラックスを必要以上に大きく見ている部分もあった」と福岡は語る。しかしその後、数々の世界の舞台を経験してきたフィニッシャーは、「(今回は)若手も多いし、つけいる隙があるのでは……」と自信をのぞかせていた。

 オールブラックスの試合前の踊り「ハカ」に対し、日本代表はキャプテンFLリーチ マイケルを先頭に肩を組んで、前にじわりじわりとにじり寄った。そのとき、福岡は冷静にこう思ったという。「相手のハカを見て、心は熱く、頭は冷静に、というメンタル状況を作れたのでありがたかった」。

 前半の中盤までは相手に押し込まれ、福岡もなかなか見せ場を作れなかった。だが、中盤以降はラインアウトのサインプレーから切れ込み、ジェイミー・ジャパンになってから磨いてきたハイボールキャッチや接点での強さも見せるようになる。これらのプレーについて福岡本人は、「接点でジャッカル(ボールを奪うプレー)をできたし、フィジカルも前回の対戦時より活かせたところがたくさんあった。自分のなかで成長した」と胸を張った。

 徐々にボールタッチが増えて、ゲインする回数も増えてきた後半30分、福岡にとって最大の見せ場が訪れる。日本代表が相手陣でラックにプレッシャーをかけてターンオーバーしたあと、素早く左に展開。福岡は左タッチライン際でボールを持つと、スピードとハンドオフで相手ふたりをかわす。最後はタックルを受けながらも、タッチに出る寸前でボールを味方につないで、CTB(センター)ラファエレ ティモシーのトライにつなげた。

「トライの起点になれてうれしい! 世界のトップが相手でもハンドオフして自分のスピードとフィジカルを使えば前に出られた。これはいい収穫になったし、自信にもなる」

 相手ディフェンダーを3人引きつけた福岡のランから大きなチャンスが生まれ、日本代表らしい素早い展開でトライに結びついた。サンウルブズやトップリーグでは幾度となく見てきたシーンだったが、オールブラックス相手でも難なくやってのける――それが、今の福岡のすごみである。

「欲を言えば、トライを獲りたかったですね!」

 試合後、福岡は悔しさをにじませた。だが、今回の試合は来年のW杯開幕戦を行なうスタジアムということもあり、「開幕戦まで(味の素スタジアムでの)トライはお預け、ということで」と、トライゲッターは笑顔で来年を見据えていた。

 もちろん、69失点を喫したことについては、福岡も厳しい表情で課題を口にする。

「接点で相手にボールを奪われたところ、そしてディフェンスは改善しないといけない。WTBとして(ディフェンス時に)リードしてコミュニケーションを取り、外で余らせないようにしたい」

 日本代表はこの後、渡英して、11月17日に母国の聖地「トゥイッケナム・スタジアム」にて前指揮官エディー・ジョーンズHC率いるイングランド代表と対戦。そして11月24日には、ラグビーW杯の開幕戦でぶつかるロシア代表と「キングスホルム・スタジアム」で試合を行なう。

「とにかく、今回出た収穫と課題を、次の試合で見せられるかがキーとなる。来年のラグビーW杯でいいパフォーマンスを見せるために、いい準備をしたい。次の試合はエディー(・ジョーンズ)さんが率いるイングランド代表なので、自分が成長した姿を見てほしいですね!」

 世界選抜戦に続いてオールブラックス戦でもHO(フッカー)堀江翔太、No.8(ナンバーエイト)アマナキ・レレィ・マフィ、FB(フルバック)松島幸太朗といった中心選手がいないなか、あらためて福岡が主軸として存在感を示した。W杯開幕まで10カ月あまり――福岡はブレイブブロッサムズのエースとして、「15人制ラグビーの最後」と覚悟を決めているラグビーW杯まで走り続ける。