総合格闘技団体『UFC』は7月6日、ライトヘビー級暫定王者ジョン・ジョーンズにドーピング規則違反の可能性があるとして、9日に開催される『UFC200』の対戦カードから同選手の名前を外したと発表した。

UFCが公式サイト上に掲載した声明によると、6月16日に受けた抜き打ちのドーピング検査により、ジョーンズの検体から『潜在的な規則違反』が確認された。

ジョーンズはUFC200のメインイベントで、ライトヘビー級正規王者のダニエル・コーミエと対戦する予定だったが、この報せを受けてUFCは同大会からジョーンズ対コーミエを外し、セミメインイベントだったブロック・レスター対マーク・ハントをメインイベントに昇格させる。

まさかの報せに格闘技ファンからは失望や怒りを表明する、「まさかこのタイミングで欠場。一気に萎えた」「ジョン・ジョーンズもうあかんな」「もういいよジョーンズは。何度自分のミスでチャンスをふいにしてるの」「なにやってくれてんだよ。メモリアルのメインに穴あけやがって」「ジョーンズはもうリリースしたほうがいい。アイツ馬鹿だ」などの声が多数寄せられている。

もともとUFC200はコナー・マクレガー対ネイト・ディアスをメインに予定していたが、マクレガー側がUFCに反抗したため中止された。

【THE ATHLETE】コナー・マクレガー、電撃引退を撤回…世界が振り回された2日間

そのあとに決まったのがジョーンズ対コーミエの再戦だったが、お騒がせ男ジョーンズがまたも騒動を起こしてしまった。記念すべき大会で2度もメインカード消滅のドタバタ劇を見せられ、ファンも呆れ気味だ。

今回の欠場は大会まで日がないなかでの暫定的な措置。再検査でも陽性反応を示した場合は2年間の出場停止処分が科される可能性が高い。