1週間前のジャパンカップは、500mで2位、1000mで1位だった髙木美帆(日体大助手)。W杯代表選考会を兼ねる全日本距離別選手権では4種目に出場し、500mは小平奈緒(相澤病院)に次ぐ2位だったが、残りの1000mと1500m、3000mでは見事優勝。本格シーズンへ向けて好スタートを切った。



1000mでは小平を押さえて優勝した髙木美帆

 髙木は、初日最初の種目の500mの滑りから3000mに向けての手応えを掴んでいたという。

「500mは先週よりタイムを縮めたいと思っていましたが、0秒01遅かったので悔しかったです。ラストの200mは伸びがある感じだったので、この伸びがあったら3000mは大丈夫かなと思いました」

 その感覚どおり、3000mでは大会記録を0秒24更新する4分06秒53で、同走だった2位の佐藤綾乃(高崎健康福祉大)に2秒11差をつけて圧勝した。

「今年の夏、ヨハン・デヴィットコーチの意向でパワーアップに取り組んでいたので、パワーがついたという実感があった分、どこまで(体力が)もつかわからないという不安要素が強くてナーバスな部分もありました。でも、同走の佐藤選手が最初のラップをすごくいいリズムで刻んでくれたので、助けられました。ラストは結構きつかったので、まだこれからと感じましたね」

 髙木自身、「パワーがついた分500mは速くなり、それが1000mや1500mにも相乗効果として出てくるのではないか」と期待しているという。一方で3000mなどの持久力が必要な長距離になると、パワーとのバランスが難しくなる。それでも「体を使いこなすにはもう少し時間が必要だと思うけど、チャレンジしていきたい」と前向きに話していた。

 そのパワーアップの成果は2日目の1000mでも発揮された。インスタートだった髙木は、最初の200mを自身が持つ大会記録(1分14秒89)のラップに迫る18秒02で通過すると、600m通過は大会記録より0秒25速い45秒56にタイムを上げた。

 だが、次のクロッシングゾーンでは、同走の辻麻希(開西病院)と並んだためにスピードを急激に上げて抜く不利もあり、ラスト1周はタイムがやや落ちた。それでもゴールタイムは大会記録を0秒03更新する1分14秒86となった。

「辻さんも失格にならないで、自分も大会記録というところまでいけたのはよかったですが、やっぱり小平さんが持っている国内記録(1分14秒58)の更新を狙っていました。先週のジャパンカップは1分14秒92でしたし、もうちょっとだったなという思いはありますね。スタートはあまりうまくいかなかったけど、600mまでのラップタイムは27秒4~5で行かなければと話していたので、そこはよかったと思います」

 ただこの日も、前日の短距離から長距離に切り替えるのが難しかったように、長距離から短距離に切り替えることの難しさを感じたという。

「狙ったところに1週間かけてシフトしていくのか、1日でバーンと変えるようにしていくのがいいのかはまだ模索中です。メンタルも影響してくると思いますが、体の使い方が重要になってくる」

 また、ライバルである小平との勝負に勝てたのはうれしいとは言いながらも、「お互いの去年の平地でのベストタイムにはまだ遠いので、これからが勝負になると思います」と気持ちを引き締める。

 最終日の1500mでは、パワーアップしたゆえの影響も出てきた。

「やっぱりパワーがついた分、体にかかる負担というのも去年より大きく感じています。どこかで無理をして使っている部分もあるのかなと思いますが、今回得た課題というか、発見と思っています。どんな種目を滑っても、効率よく滑れば体にかかる負担も最小限に抑えられると思います。シーズンを通して乗り越えていくことが必要なのかなと、今回4種目を滑って感じました」

 平昌五輪直後は、「いつもなら『ああやりたい、こうやりたい』というのが出てくるんですが、今はまだ出てきていないので、どうなるか不安を感じている」と話していた髙木。だが、パワーをつけた新しい体になって、これまでとは違うことを考えなければいけない刺激も生まれた。

「練習始めはできないことが結構あって、どうすれば体をうまく使えるかという葛藤もありました。それを考えることで充実したというか、楽しいと思うこともあったし、そういう意味ではやりがいを持てました。それにやっぱり試合が始まると、去年持っていた試合に対する感覚もどんどん戻ってきて、よくなっていると実感できる。だから、W杯に行って他の国の高いレベルの人たちと滑れるようになれば、もっと違う気持ちになるんじゃないかなという楽しみもあります」

 500mで2位になったことで、今季のW杯では500mの出場権も得て、挑戦できる種目は広がった。髙木は「500mにも出る予定ですが、パシュートもあって全部には出られないので、昨季のように話し合いながら、どの試合に出るか決めたいと思います。それに世界スプリントにも出てみないかと言われているけど、そこも要相談ですね。

 もう1回、昨季優勝したオールラウンドの世界選手権を取りにいくのか、世界距離別選手権の1500mを狙うのか。全部出られたらいいですけど、そこはどうなるかわからないです」と、2月上旬からの1カ月間で3大会ある世界選手権を意識する。

 パワー強化で広がった選択肢。それも彼女の新たなモチベーションになっていく。