早稲田大学 5 - 4 慶應義塾大学
勝:今西 敗:高橋佑
本塁打:慶大・郡司 1号(4回)


終始試合を優勢に運んだ慶大に対し、早大が最終回の攻撃で逆転に成功し連勝。勝ち点を4と伸ばした。

両チームの先発投手は、早大が大方の見方と異なり西垣(①報徳学園)、対する慶大は今季6勝無敗と非常に安定している高橋佑(③川越東)。両投手ともに序盤にランナーを得点圏に進めるも得点につながらない展開となる。

ゲームが動いたのは4回裏。慶大は3季連続の優勝のためには勝ち点を奪わなくてはいけない状況の中で、ここまで早大先発・西垣に無安打に抑えられていたが、攻撃開始前に大久保監督がナインを集め円陣を組む。この早慶戦では好調の柳町(③慶應)がチーム初安打で先頭出塁すると、続く郡司(③仙台育英)が慶大ファンが待つレフトスタンドへライナーで突き刺さる豪快な先制弾を放ち、2点を先制する。

早大は一昨日の敗戦で優勝争いからは脱落したが、2位でシーズン終了する、そして早慶戦勝利への執念が慶大にとって楽な展開とならないように必死に食い下がる。直後の5回表、代打・宮崎剛(④早大本庄)がレフト前に運び出塁すると、ワイルドピッチの間に2塁に進塁する。続く1番・黒岩(④長野日大)が、高橋佑の変化球を強振しフェンス直撃の2塁打で1点を返す。さらに早大は1死2・3塁と逆転のチャンスを作る。4番・加藤(③早稲田実業)のショートゴロの間にランナーが生還し同点とするものの、慶大・高橋佑は後続を断ち、逆転は阻止する。

その裏、慶大はエラーと2つの四球による出塁で2死満塁のビッグチャンスを作る。この回から登板の早大・早川(②木更津総合)から7番・嶋田(②樹徳)がしぶとくセンター前に運び、勝ち越し2点タイムリーを放ち、流れを再び慶大に引き戻す。

慶大先発の高橋佑は2点を奪われた以降、気迫あふれるピッチングで6回・7回を無安打に抑える。そして早大は6回からエース・小島(④浦和学院)がマウンドに上がり、こちらも2イニングを無安打に抑える。

なんとか追いつきたい早大は、8回表ヒットで出塁した岸本(④関大北陽)と重田(③佐賀西)を1・3塁に置き、昨日殊勲打を放った代打・福岡(③川越東)が犠飛を放ち、1点差に詰め寄る。

続く9回も早大は先頭の黒岩が今日3安打目となる右中間への2ベースで出塁すると、ワイルドピッチの間に3塁へ。続く西岡(④早稲田実業)に四球を許し、ここで高橋佑は降板し、マウンドには菊地(④慶應志木)が登る。盗塁、外野フライで1死2・3塁としたところで、加藤がセンターに犠飛を放ち、再び同点とする。続く岸本が放った打球は、名手・瀬戸西(②慶應)のグラブをはじきセンター前に転がり、2塁走者西岡が生還し、早大はこのゲーム初めてリードを奪う。

小島をリリーフした今西(②広陵)が8・9回の慶大打線を無安打に抑え、早大が勝利した。慶大は3連覇まであと2死までこぎつけるも、22人の選手が出場し総力戦で挑んだ早大に屈する形となった。

この早慶戦の結果を受けて、近年稀にみる混戦となった優勝争いを法大が制し、12季ぶり通算45回目の優勝、早大が2位、慶大が3位と順位が確定した。