<第85回全日本大学総合選手権大会10月25〜28日、ベイコム総合体育館(兵庫)>

28日、専修大学3年の及川瑞基が国内の大学生最強を決めるシングルスのトーナメント「全日学」で優勝を果たし学生王者となった。

準決勝では青森山田高校時代からの同期でライバルの三部航平(専修大学)を、決勝では優勝候補の吉村和弘(愛知工業大学/岡山リベッツ)を倒して勢いに乗る田添響(専修大学/木下マイスター東京)との同士討ちを制した。

「優勝という結果はとても嬉しいです。ベスト8決定の松山選手(愛知工業大学)との試合が苦しかった。(ゲームカウント1-2でリードされた)4ゲーム目、リードされた場面から逆転勝ちすることができ、そこから勢いに乗れた。準決勝、決勝は(専修大学の三部選手、田添選手との)同士討ちでしたので意識してしまう分がありましたが、自分の力を出し切ることだけに集中しました。」と優勝後にコメントした。

アスリートには見るものを引きつける〈迫力〉が宿る。その顔に、背中に、腕に、足に、指先に。ならば彼らの紡ぐ言葉にも〈迫力〉が生まれるはずだ。ラリーズではこれまで多くの卓球選手に密着。卓球との出会いから、最初に掴んだ成功、直面した挫折やそこから復活ま...
【卓球Photo Story】及川瑞基の軌跡。卓球少年から勝負師への覚醒 - 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」

及川は6月の関東学生、7月のインカレも制しており、学生最強といっていいだろう。その要因は中学3年時からの「ドイツ武者修行」にある。



ドイツ・ブンデスリーグ1部で腕を磨く及川瑞基(専修大学)

現在及川はドイツのブンデスリーグ1部ケーニヒスホーフェンで腕を磨く。昨シーズンは9勝17敗と大きく負け越したが、今季はここまで8勝3敗と進化を見せている。「今季は板垣ヘッドコーチとの対策練習が功を奏しています。僕はパワーやテクニックより戦術重視のプレーヤーですから。」と幼少期に張本智和の両親からコーチングを受けていた頭脳派プレーヤーが世界最高峰のドイツリーグに適応しつつある。

昨年の学生王者でブンデス1部最多勝の森薗政崇(岡山リベッツ)は今季からTリーグに移籍し、チームの主力として結果を残している。森薗の背中を追う及川の今後の活躍に注目だ。

取材・文:ラリーズ編集部
写真:伊藤圭