フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダで、ショートプログラム(SP)では2位(88.87点)と出遅れた宇野昌磨が、フリーで巻き返して188.38点の1位となり、合計277.25点で逆転、大会連覇を飾った。フリー、合計ともに自己ベストを更新する、いずれも今季世界2位の得点をマークして、GP通算4勝目をあげた。



フリーで自己ベストを更新し、スケートカナダで逆転優勝を飾った宇野昌磨

 五輪ポストシーズンの今季、熱の入った練習に取り組んできた20歳は自分を信じて試合に挑むことを誓っていた。結果よりも内容を重視。自分がやりたいことを貫く覚悟を持って試合に向かった。

 スケートカナダの大会前、宇野はこう話していた。

「自分の練習してきたことが出せれば、結果はおのずとついてくると思っているので、しっかり練習の成果を出したい。自分らしい演技ができるようにやっていくだけかなと思います」

 現地時間26日に行なわれたSP『天国への階段』では、思わぬ失敗をした。

 最初の4回転フリップと、トーループの4回転+3回転の連続ジャンプを跳んだにもかかわらず、練習でもほとんど失敗せず、「一番心配していなかった」という得意のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で大きく転倒。軸が斜めになったジャンプミスで、転んで背中を氷面につけたまま壁に衝突したほどだった。ただ、すぐに立ち上がって見せ場のステップに入り、観客を魅了して最後まで演技をまとめてみせたあたりは、さすがだった。

 演技後に報道陣の前に現れた宇野は、いつもとは違って、まくし立てるようにトリプルアクセルを失敗した要因を、同じ言葉を繰り返しながら語った。

「練習でやってきたことを信じて強い気持ちで最初の2つのジャンプを跳んだが、トリプルアクセルのときに、練習で跳べていたからという油断した気持ちが踏み込みに出てしまって、かなり浅い踏み込みになって失敗を招いた。自分の油断した気持ちにちょっと悔しいのと、またやってしまったという後悔の気持ちが、演技中から沸き起こっていました」

 宇野は昨季も、得意なジャンプや練習でミスがほとんどないジャンプで油断する傾向があり、試合で失敗や回避を繰り返していた。だからこそ、自分自身の気持ちのスキが起こした今回のミスに対して、激しい「悔しさと後悔」が口をついて出たのだろう。

「6分間練習がよくなかったんですが、気持ちを切り替えて本番では強い気持ちでいけたんですけれども、2つの4回転を成功させて(気を引き締めることを)忘れてしまった。トリプルアクセルの失敗は本当に油断した結果でしたね。10回中何回も失敗しないジャンプなのに、それが試合で出てしまったのは完全に自分の気持ちのミスかなと思います」

 得意のトリプルアクセルで失敗したショックは大きすぎて、演技面のよかった部分を振り返ることができなかったほど。それだけに翌日のフリーは、必ず巻き返すために完璧な演技を見せる意気込みで臨んだようだ。

「今日のフリーは、昨日のSPの悔しさをぶつけた演技だったかなと思います。体力に関してはとても自信があったんですけども、昨日のトリプルアクセルの失敗の悔しさから、今日のフリーでは最初から全部を出し切ろうという思いで、スケーティング、スピン、ジャンプのすべてに100パーセントの力を入れて、手を抜くことなく思い切りやろうという気持ちで滑りました。だからこそ、最後に体力がなくなってしまい、最後の2つのジャンプを失敗してしまった。この失敗は今後の練習での課題になると思います」

 首位と6.18点差で迎えたフリーは、冒頭の4回転サルコウで回転不足を取られたが、力強いジャンプを見せた。続く4回転フリップはキレキレの完璧なジャンプで、出来栄え点(GOE)で3.77点の加点をもらった。さらに、成功した4回転トーループなどの他のジャンプにはGOEで2.99点、2.99点、2.74点の高得点が加点された。

 いつもの宇野であれば、80パーセントの力で演技するところだが、100パーセントの力で『月光』を演技してみせ、SPで失敗したトリプルアクセルは2本ともしっかりと成功させた。

「レベルの取りこぼしやジャンプのミスなど、いろいろな課題が見つかったところもありますけど、こういう試合も悪くないと思いました。トリプルアクセルはどれだけひん曲がってもどんなジャンプになっても、力で絶対に降りてやるぞという気持ちがありました。たとえ右にとんでもなく”斜めって”も、3回転半回る気でしたし、どれだけひどくても最後まであきらめない気持ちでいきました。SPのアクセル失敗は、自分が情けなかったというか、悔しかったので、フリーではそうならないように、頭から落ちてもいいから絶対に3回転半を回ってやるぞという強い気持ちが、アクセルだけじゃなく他のジャンプにも表れていたと思います」

 普段から飄々としていて、クールな面しか見せてくれなかった宇野だが、スケートカナダでは意外にも「熱い昌磨」の隠された一面が垣間見られた。自分の演技ができれば結果はついてくるという自信のなせるわざなのだろうが、今季の宇野はやはり、これまでとはどこかが違う。

「最後の3回転サルコウ+3回転トーループも、前の僕だったら2つ目を2回転にして跳んでいたと思いますけど、今回の試合では本当にショートが悔しかったので、最後まで全力でやると決めていました。だから、失敗をおそれて回避するのではなくて、それ以上に自分の悔しいと言う気持ちを試合にぶつけたという感じでした。

 今後も自分がやりたいと思ったことをやっていきます。自分の気持ちを抑えるということを僕は1年前くらいにやめたので、それは変えずに、その時の自分の気持ちを尊重したいなと思っています」

 自分のありのままの気持ちを前面に押し出して、心から「よかったな」と思える演技を目指していく。それが宇野の今季の目標だ。