早稲田大学 1 - 3 慶應義塾大学
勝:髙橋佑 敗:小島
本塁打:なし

慶大・早大・法大、3校の優勝の行方を占う大事な早慶戦は慶大が先勝。

両チーム無得点で試合を折り返し迎えた6回裏、慶大はノーアウト満塁の絶好のチャンスから押し出しと嶋田(②樹徳)のタイムリーでこの回2点を挙げる。続く7回には小原(③盛岡三)のタイムリーで一塁から柳町(③慶應)が長躯ホームイン。1点を追加しさらにリードを広げた。

投げては前回登板で神宮初の完封を挙げるなど今季5勝を挙げのエース・高橋佑(③川越東)が要所を締めるピッチングで8回まで無失点。9回に1点を許し2試合連続の完封とはならなかったが最後まで投げきり6勝目。3試合連続の完投と抜群のスタミナを見せた。

敗れた早大は一昨日のドラフト会議で千葉ロッテから指名を受けた小島(④浦和学院)が先発。7回3失点と粘りの投球を見せるも惜しくも勝利につなげることはできず。一方の打線は9回に反撃を開始するも、8回までの沈黙が響いた。

勝った慶大は46年ぶりの3季連続優勝へ大きく前進。敗れた早稲田は優勝の可能性は消滅したものの、ここから意地の巻き返しで春に続き勝ち点を奪いたいところだ。