水谷隼 Photo:Itaru Chiba

 日本卓球史に新たな歴史を刻む待望の瞬間がやって来た。新プロリーグ「Tリーグ」の開幕だ。大相撲の殿堂である両国国技館で10月24日に行われた開幕戦は光と音を駆使したど派手なオープニングセレモニーの後、夜7時に試合開始。観客席にはまだ空席が目立ったが、試合が始まるとそれも徐々に埋まっていき、男子のT.T彩たまvs木下マイスター東京という好カードに会場が沸いた。リーグ側から発表された入場者数は5,624人。

 百戦錬磨の選手たちが口を揃えて「緊張した」と話すTリーグの開幕戦。大きな注目を集めた熱狂の一夜を振り返る水谷は、「(Tリーグ開幕まで)長い準備期間があって今日を迎えるというのは、ものすごく特別。待ち望んでいたぶん緊張も大きかった」と話し、「自分は負けてしまったが、プレーの内容は良かったと思う。あそこまで接戦で観客の皆さんに喜んでもらえるプレーができて良かった。両国国技館で試合できたことは本当に誇りに思う」と語った。

張本智和 水谷隼 Photo:Itaru Chiba

 開幕2日目の25日は女子のTOP名古屋 vs 日本生命レッドエルフの初戦が両国国技館で行われる。各チームのベンチ入りメンバーはTOP名古屋が森薗美咲、安藤みなみ、サマラ、呉穎嵐、ソヒョウォン、鄭怡静。日本生命レッドエルは平野美宇、早田ひな、森さくら、前田美優、陳思羽、常晨晨。

<開幕戦 試合結果>
【T.T彩たま 1-3 木下マイスター東京】
第1マッチ チョン ヨンシク/平野友樹 0-2 水谷隼/松平健太
第2マッチ 吉村真晴1-3 大島祐哉
第3マッチ コウ鎮廷 0-3 張本智和
第4マッチ チョン ヨンシク 3-2 水谷隼
※ダブルス=3ゲーム、シングルス=5ゲーム

(文=高樹ミナ)