卓球一家・森薗家物語(後編)

前編はこちら>>

 Tリーグでは、まず森薗政崇が岡山リベッツ入団を決めた。チームからの猛烈なラブコールで参戦が決まったのだ。

 続いて、美月が木下アビエル神奈川での参戦を決めた。3月末でサンリツを退社し、プロの道を選び、7月に入団が決定した。

 最後にTOP名古屋に入団を決めたのが美咲だ。



今年8月に開催されたアジア大会でダブルスを組んだ森薗美咲(写真右)と政崇の兄弟ペア

 7年半在籍した日立化成を9月末で退社し、プロになって勝負することを決めた。その決断に至るまでは相当考え、悩んだという。

「26歳になり、そろそろ引退のことも考えていました。じつは、海外に行きたかったんです。それをやめたのは若い選手が育ってきて、この子たちには勝てないと思った自分がいたからです。100%気持ちが向いていなくて、フラフラって海外に行くのは会社からお金を出してもらって行く以上、違うなってやめたんです。でも、ここに来て、やっぱりこのまま引退したら悔いが残るなって思って……」

 卓球選手の引退時期は、それぞれだが世界的にみると日本は比較的早いかもしれない。それはこのくらいで”そろそろ”という空気が流れている影響もある。美咲もそれに乗りかけたが、引退する前に、もう一度チャレンジしたい思いが強かった。その気持ちを聞いて、背中を押してくれたのが平野早矢香だった。

「早矢香さんに『引退も考えています』って相談した時、『もっとできるよ』って言われるかと思ったら、『森薗さんの卓球人生だからそう思った時がそうだね』って言われました。『でも、私だったら最後に挑戦するけどね』って話をしていただき、もう一度挑戦してダメだったらやめようという気持ちで、100%前向きになれたんです」

 もう一度、トップを狙うためにプロという厳しい環境を選択した。そして、プロになる前、ある大会を経験し、さらに刺激を受けた。

 8月のアジア大会で、美咲は政崇と混合ダブルスを組んだのである。



日立化成を離れ、TリーグのTOP名古屋のプロとして契約した森薗美咲

 3回戦で韓国と戦って敗れたが、美咲は試合そのものよりも政崇とのコンビで考えさせられることが多かったという。

「政崇は全日本の混合で優勝していますし、実績があります。そういう選手と組む場合、身内ですけど、緊張します。ダブルスがうまい選手なので、どうやってその力を生かしていこうかと、すごく考えました」

 姉弟だからお互いに考えていることがよくわかる。混合ダブルスでも短時間で結果を出せると思うのは、こちらの短絡的な考えなのだろう。伊藤美誠と組み、全日本卓球選手権の混合ダブルスで日本一を取った政崇は弟ではあるが、チャンピオンである。その力を最大限に生かすことに苦心するのは、姉であっても同じだ。

 政崇も最初はやりづらかったと言う。

「これまで姉と組んだことは一度もなかったですね。最初はやりづらかったです。卓球は仕事なので、自分の感情とか関係ないんです。でも、姉と一緒の時は言いたいことが言えないとか、どんな距離感でボールを渡したり、サインを出せばいいのだろうって、いろんなことを考えて最初は難しかった。試合は姉が完璧な内容で、僕が今ひとつ距離感をつかめなくてよくなかったので、それが残念でした」

 優勝はできなかったが、美咲は政崇と組むことで弟のことがよく見えたという。

「一緒にダブルスを組んで、卓球に対する熱量とか、こんなことを考えているんだっていうのを理解できて、姉ですけど、すごく勉強になりました。弟だけど、尊敬できる選手だなってあらためて思いましたね」

 一方、美月は森薗姉弟が画面越しに活躍している姿を、微妙な気持ちで見ていた。

「アジア大会に美咲ちゃんと政崇が行っている。でも、私だけそこに行けていない。それに劣等感を抱いているわけじゃないですけど、ふたりを見て、私ももっとがんばろうって思いましたね。私のやり方でふたりに追いついて行ければいいかなって」

 その頃、美月は肉体改造を行なっていた。筋肉がつき、体幹が強くなって体が引き締まった。Tリーグを戦う準備を着々と進めていたのである。



2016年に全日本社会人選手権の女子シングルスを制した森薗美月

 政崇と美月は小学生の頃は一緒に遊ぶ仲だったが、今では美咲と美月が頻繁に連絡を取り合い、会う機会が増えた。食事をしながらする話はもっぱら卓球以外のことが多く、引退後の人生の話や「好きな人ができない」と恋愛の話もする。

 美月は、美咲&政崇の姉弟をどう見ているだろうか。

「美咲ちゃんは、私が思ったことを何も考えずに言ってしまうんで、暴走しかけた時に『それは違うから』って指摘してくれる人。すごく真面目なんですけど、じつはチョーおもしろい。笑いのセンスは抜群です。政崇は会った頃は都会のサルだったんですけど(笑)、今は成長して私生活も卓球にすべて捧げるぐらい真面目。一度も一緒に飲みに行ったことがないので、いつか行きたいですね」

 美月のリクエストを伝えると、政崇は「美月と行くのは、恥ずかしいので……いいっす」とやんわり断った。政崇は、美月の言うとおり人生のすべてを卓球に掛けている。お洒落に関心がなく、普段はジャージで生活している。JISS(国立スポーツ科学センター)の近くに住み、練習もジャージとサンダルで行く。チームは茶髪禁止なので、黒髪。唯一の楽しみはオフの日に楽しむ日本全国のおいしい日本酒だ。

「森薗家ですか? 姉はしっかりしているし、真面目ですね。面倒見がいい姉御肌です。でも、メチャクチャ面白い。芸人とか天職じゃないかって思いますもん。美月は、自由人。登山とか趣味じゃないレベルで、あいつの将来は旅人で間違いない(笑)。まぁ森薗家全体に言えるのは、集中力がすごいこと。卓球やっている時はもちろん、自由人の美月ですら何かやっている時の集中力がすごい。いろんなことに集中できるのは森薗家のよさかなと思います」

 美咲は、母のような優しい笑顔を浮かべてこういう。

「美月は私にところによく来てくれるんで可愛いですね。でも、たまに何を言っているのか、わからないので聞き流すことがあります(笑)。これからも試合はもちろん、お互いを高められる存在でいたいですね。政崇は、自分をすごく持っている。こっちが何かを言っても自分で決断する。3人のなかで一番成績がいいですし、代表にも入っているので、これからも応援したいです」



2017年の世界選手権では男子ダブルスで決勝進出の経験を持つ森薗政崇

 普段、それぞれがそれぞれのことをこんな風に思い、顔を合わせているのに不思議なことに卓球の話や将来のビジョンについては話をしない。姉弟や従妹であれば、なんでも話し合えそうだが、意外とそうではないと政崇は言う。

「姉がいて、美月とは従妹という関係ですけど、みんなスポーツ選手じゃないですか。スポーツ選手にとって自分の目指すところって意外とデリケートなもんなんです。だから、あえて聞かないし、聞いてもこない。それぞれが頑張っているのはわかっているんで、それをお互いに静かに見守るって感じですね」

 それが森薗家に浸透する深い愛情であり、絆なのである。

 政崇は、ドイツのブンデスリーガでのプロ経験はあるが、日本で始まるプロリーグを楽しみにしている。

「Tリーグはドイツよりも相当レベルが高いですね。強い相手と日本のファンの前で試合ができるのはスポーツ選手として大きな喜び。初年度ですから爪痕を残したいです。プレーオフに進出して、優勝したい。そうして東京五輪の選考の日まで自分の卓球人生を賭けて頑張っていきたいですね」

 政崇のスタイルは独特だ。非常に低く構え、台の上には鋭い両目だけが出ている。まるで水中に沈んで獲物を待つクロコダイルのような姿勢から、右腕よりもひと回り以上太い左腕で攻撃的な卓球を見せてくれる。

 美月は、美咲と対戦する可能性が高い。ふたりの最初の対決は、美月がサンリツで美咲が日立化成にいた時で、団体戦で衝突し、4番目に対戦した。

「美咲ちゃんと対戦が決まった時、どういう気持ちでやればいいのかなって思ったんですけど、台に入ったら冷静に戦うことができました。Tリーグでの対戦も、楽しみです。美咲ちゃんとの試合は、勝負が簡単につくんです。パパーンって勝つか、負けるかって感じ。美咲ちゃんとの試合も他の試合でも自分の振り切る卓球、攻める卓球で卓球を知らない人が『おぁー』って思うようなプレーをしたいですね」

 Tリーグの見どころのひとつは、こうした従妹対決や兄弟対決が見られることだ。ファンやメディアは楽しみにしているが、美咲は「やりたくない」という。

「私は、やりたいって思わない。美月は従妹ですけど、私が上なのでやりたくないですよ。全国のお姉ちゃんに聞いてもらえるとわかると思います(苦笑)。まぁ、対決になったら意識し過ぎてしまうとよくないので、顔を見ないで集中してやるしかない。でも、嫌ですね」

 美咲は、眉間にしわを寄せて、そう言った。

 美咲の所属する名古屋は、ルーマニア、韓国、台湾、日本と多国籍な編成になっている。試合を盛り上げるためには日本人選手の活躍が不可欠だ。

「Tリーグは団体戦なのでチームとしては優勝を目指してやっていきます。個人としてはできるだけ多くの試合に出て、勝ちたいですね。最後は優勝して、会社をやめてこっちに来てよかったと思えるようにしたいと思っています」

 森薗家の対決が最初に見られる可能性があるのが、10月27日だ。その前日、政崇は琉球アスティーダとの初戦を迎える。初戦で政崇が活躍し、その流れで美咲と美月がすごい試合を見せることができれば、3人が同時に決勝進出を果たした平成26年度の全日本以来の”衝撃”を、森薗家が見せつける瞬間がやってくる。