*写真は戸上隼輔(T.T彩たま)

22日、T.T彩たまが戸上隼輔の参戦を発表した。戸上は2001年8月24日生まれの17歳。現在、名門・野田学園高校の2年生だ。2017年2月のジュニアサーキット・スウェーデン大会ではジュニア男子シングルス・ダブルスで優勝。昨年度のインターハイでは木造勇人(当時愛知工業大学名電高校)に惜しくも敗れシングルス2位であったが、今年のインターハイでは見事シングルス優勝を果たした。

戸上は若手選手らしい、高速の両ハンドプレーが持ち味であり、T.T彩たまの最年少選手として、チームに勢いをもたらす役割が期待されるだろう。また、T.T彩たまには名将・橋津文彦に薫陶を受けた吉村真晴、平野友樹、そして岸川聖也が所属しているが、戸上も橋津文彦の愛弟子のひとりである。

“橋津ファミリー”を中心に、開幕戦を制することができるか。

文:ラリーズ編集部
写真:T.T彩たま