硬式野球部(東京六大学野球)は10月21日、法政大学との2回戦を戦い、2-8で敗れた。東大は、先発の有坂望投手(育・4年)が相手打線に捕まり二回までに6失点とするも、救援に入った宮本直輝投手(育・3年)が4回を無失点に抑える好投。六回には3本の安打で2点を返したが、宮本投手が降板した七回と八回に相手に追加点を許して逃げ切られた。東大は明治大学との2回戦での引き分けを挟む10連敗で今季を終え、春秋通して勝利を挙げられなかった。

 

法大|150000110|8
東大|000002000|2

 

続きを読む(外部サイトへ)