10月19日にバレーボール世界選手権女子大会の5位、6位決定戦が行なわれ、アメリカに敗れた日本は6位で大会を終えた。直前のアジア競技大会で中国、タイ、韓国の後塵を拝して4位に終わったことを思えば、組み合わせに恵まれたとはいえ、世界の強豪が集う同大会でのベスト6入りは大きな成果だ。

 その原動力となった黒後愛、古賀紗理那、石井優希らアタッカー陣が存在感を見せた一方で、少し気になるのがセッターとミドルブロッカーだ。

 今大会の正セッターは、2016年のリオ五輪で宮下遥の控えだった田代佳奈美が務め、昨年グランドチャンピオンズカップで正セッターだった冨永こよみがセカンドセッターに回った。アジア競技大会で最後にトスを上げていたのは佐藤美弥だったが、今大会は怪我で欠場した。




世界選手権で正セッターを務めた田代

 自身が現役時代にセッターだったこともあり、中田久美監督にとって特にこだわりがあるポジションだ。昨年のアジア選手権優勝直後には、「本当にセッターによって試合はガラッと変わってしまうんだなと、この大会で痛感しました」と語っていたが、国内(Vリーグ)で監督を努めていた久光製薬でも全日本でも、”絶対的な”セッターには恵まれてこなかった。2012年のロンドン五輪後には、銅メダルメンバーのアタッカー・狩野舞子にセッター転身を持ちかけて久光製薬に復帰させることも。しかし結局、狩野はアタッカーに戻っている。

 自身と同じく10代で全日本に選出され、当初は「この子はものが違う」と期待をかけていた宮下も、昨年度は冨永と佐藤の2人の陰に隠れた。そして今年度は冨永、田代、佐藤を代表に選出し、世界選手権では田代を全試合でスタートから起用した。

 大会初戦のアルゼンチン戦後、中田監督はその起用について「田代をスタートに決めたのは、トス回しというよりスパイクレシーブの面を評価したのと、攻撃のテンポもよかったから。今日の試合については、積極的にミドルとバックアタックを使えていたと思う」と説明した。確かに田代は、ミドルブロッカーやバックアタックを織り交ぜたトス回しができ、スパイクレシーブにも優れている。しかし余裕がない展開になると、真ん中からの攻撃が減って同じアタッカーに上げ続ける癖があり、レフトへのトスが低くネットに近くなる傾向もある。

 レフトへのトスの低さは、チームの約束事として”あえて”やっている面もある。1次ラウンド最終戦のドイツ戦に勝利した後、田代は「ミドルもバックアタックも使えてよかったが、トスが浮いてしまっていたので、途中から速く低くするように修正した」と振り返っていた。

 ただ、低い上にネットに近くなると、ブロックをかわしたり、ブロックアウトを狙ったりすることが難しくなり、リバウンドがとれず”シャットアウト”を食らうことも多い。それについてはアタッカー陣からも「もう少しネットから離してほしい」「サーブレシーブがAパスで返らなかったときは少しトスを浮かせてほしい」といったリクエストがあったという。今後はさらに、状況によってトスを使い分けることが求められる。

「セッターを交代させて流れを変えるという方法と、アタッカーとのコンビを合わせていくために、ある程度は我慢して使い続けるという2つの選択肢があり、今回は後者を取って田代を起用しました。今の段階で『正セッターは誰?』と言われると困ってしまいますが、そろそろ決めないといけないでしょうね(苦笑)。ここが安定すれば、チームは完成すると思います」

 中田監督は、余裕がなくなったときに田代のトスの精度が悪くなることも認識しているようだったが、「トスが合う、合わないはセッターのせいだけではなく、アタッカーの技量の問題でもあり、そこはコミュニケーションを取って修正していってほしい」とつけ加え、コンビネーションの精度アップに期待を寄せた。

 一方のミドルブロッカーは、ロンドン五輪銅メダリストの荒木絵里香が気を吐いた。2次ラウンド第2戦のプエルトリコ戦では12得点を挙げ、チームのベストスコアラーにもなっている。クイックやブロードでの攻撃はもちろんだが、サーブで相手のレシーブを崩す場面も目立った。守備面でもブロックでしつこくタッチをとりにいくなど、34歳とベテランになった今でもプレーは全盛期と遜色ない。

 中田監督も「彼女は本当にすごい。ベテランになっても、荒木だけ練習量を少なくしているわけではないんですけど、自己管理ができている。荒木の働きは間違いなくチームに大きな影響を与えています」と感嘆した。

 だが、「他のミドルも頑張らないとね」と付け加えたように、荒木の対角が悩ましい。今大会ではほぼ奥村麻依が務めていたが、フル出場していたにもかかわらず、スパイク得点が「0」に終わる試合もあった。



今後の成長が期待されるミドルブロッカーの奥村

 奥村の決定力が低く、田代がトスを上げる回数が少なくなり、奥村の得点がさらに減るという悪循環に陥っているようにも見えた。奥村は今季タイリーグに移籍するが、タイの速いバレーでの攻撃面の進化を期待したい。さらに11月3日に開幕を迎えるVリーグでは、荒木や奥村を脅かすような選手の出現も待たれるところだ。

 2020年の東京五輪に向け、世界との差をどう縮めるかを問われた中田監督は、「まずは時間が必要です」と答えた。

「完成度のパーセンテージに関しては、 昨年のグラチャンが終わった時点で40%。今大会でメダルが獲れれば70%くらいまでいくかなと思っていましたが、その目標が達成されていないので58%ぐらいですかね 。昨シーズンよりは上乗せできていると思いますけど、東京五輪までに合宿ができるのは実質1年ほどしかない。濃い時間を積み重ねていくしかないですね」

 世界選手権で見えた課題をどう克服し、どれだけチーム力を高められるのか。五輪への戦いは早くもラストスパートを迎えようとしている。