リオ五輪公式アカウントは、リオ五輪開催まで1か月となった7月5日、リオ五輪についての基礎情報をまとめた1分間の動画を公開した。

ざっくりと動画の内容をまとめてみる。

・リオデジャネイロ開催は2009年にデンマークのコペンハーゲンで決定。当時は「リオデジャネイロ・東京都・シカゴ・マドリード」の4都市が候補だった。

・南アメリカ大陸で初めて開催されるオリンピックである。なお、南半球での開催はメルボルンオリンピック(1956年)とシドニーオリンピック(2000年)に続き16年ぶり3度目の開催。

・スポーツは42種目。7人制ラグビー(新種目)とゴルフ(復活種目)の2種目が追加となった。なお、ゴルフは112年ぶりの復活となる。

・10000人以上のアスリートが、200ヶ国から出場する。

・Barra(バーラ)地区…17のオリンピック競技の開催場となる。
・Deodoro(デオドロ)地区…7のオリンピック競技の開催場となる。
・Copacabana(コパカバーナ)地区…6のオリンピック競技の開催場となる。
・Maracana(マラカナン)地区…式典会場でもある。4のオリンピック競技の開催場となる。

・リオデジャネイロ以外では、サッカー予選・決勝トーナメントの会場が各地に点在している。(サンパウロ、ブラジリア、サウヴァドール、ベロオリゾンテ、マナウス)

・40レアルからチケット販売(1レアル約30円)

・オリンピックのトーチは約12000人の走者が引き継ぎながら国内327の都市、およそ20000キロを巡る。8月4日にリオデジャネイロに到着し、5日のマラカナン競技場で行われる開会式で点火される。

・2102のメダルが用意される

・「難民五輪選手団」が特別参加する。国際オリンピック委員会(IOC)が承認した選手団は男子6人、女子4人。出身は南スーダン5人、シリアとコンゴが2人ずつ、エチオピアが1人という構成になっている。

・8月5日から8月21日の期間で開催される。

 

オリンピック イメージ(c) Getty Images

オリンピック イメージ(c) Getty Images

リオデジャネイロを見下ろすコルコバードのキリスト像(c) Getty Images

リオデジャネイロを見下ろすコルコバードのキリスト像(c) Getty Images

夕日に染まるリオデジャネイロ(c) Getty Images

夕日に染まるリオデジャネイロ(c) Getty Images