法政大学 8 - 2 東京大学
勝:高田 敗:有坂
本塁打:なし

優勝の可能性が残る法大は打線が序盤から爆発。最終節に大勝し慶大と並びリーグ首位に浮上した。

打線は1回表に先頭の宇草(③常総学院)が内野安打で出塁し盗塁などで1死三塁のチャンスを作ると3番・向山(④法政二)の内野ゴロの間に先制に成功。つづく2回には1死二三塁のチャンスでこの日が誕生日の相馬(③健大高崎)が追加点。さらに打線は繋がり宇草の内野安打や小林の適時三塁打などで6対0とした。得点を取られた直後の7回には四球で出塁した小林(④中京大中京)に代わり代走・大西千(④阪南大)が2盗塁で三塁のチャンスを作ると中村の犠飛で加点。8回にも宇草の犠飛で8対2として試合を決定づけた。

投げては先発の高田(②平塚学園)が5回を無失点で8奪三振の好投。6回からはプロ志望届を提出した森田(④富山商)が登場し2失点。その後は7回に河野太(④法政二)、8回は新井(③折尾愛真)が今季初登板で無失点リレー。9回はプロ志望届を出した菅野(④小高工)が締め法大が勝利した。

序盤に大量失点してしまった東大だったが2番手・宮本(③土浦一)がピンチは作るも緩急をつけたピッチングで4イニングを無失点と好投。打線も6回にプロ志望届を出した森田(④富山商)から梅山(②四日市)、笠原(②湘南)の2年生コンビが打点を上げる活躍を見せた。

勝利した法大は来週の早慶戦の結果次第で優勝の可能性を残した。今年は1勝もできなかった東大だが2、3年生は力があることは示せた。来年こそは勝利を目指す。