硬式野球部(東京六大学野球)は10月20日、法政大学との1回戦を戦い、0-8で敗れた。東大は初回と最終回以外は得点圏に走者を進められず、先発の小林大雅投手(経・3年)は制球が定まらないまま7回7失点と徐々に点差を広げられた。東大は明日21日午前11時から、負ければ今季最終戦となる法大との2回戦に臨む。

 

東大|000000000|0
法大|10220021X|8

 

続きを読む(外部サイトへ)