今季未勝利のまま迎えた最終カード、優勝争いの只中にいる法政大学との一戦は力の差を見せつけられ大差での敗北を喫した。
初回に幸先良く先制タイムリーを浴びると、その後も3回、4回に2点ずつ中押し点、終盤にダメ押しの3点。計12安打に7盗塁を絡められ、効果的に得点を挙げられた。
打線は初回に満塁のチャンスを作るも連続三振で機会を逸すると、その後は相手先発の前に抑え込まれた。最終回に代打武隈(2年/鶴丸)が今日唯一の長打となる右越え二塁打で好機を演出するも後続が断たれ完封負け。 このチームでの連敗脱出のラストチャンスとなる明日に全てをかける。