明治大学 3 - 1 立教大学
勝:森下暢 敗:手塚
本塁打:なし

明大が延長戦を制し、まず先勝。

投手戦の均衡を破ったのは明大。4回表、1死1・3塁の好機を作ると5番・越智(④丹原)の内野ゴロの間に走者が還り、1点を先制する。その後立大に追いつかれ、同点で迎えた延長11回、代打・陶山(①常総学院)の勝ち越し犠牲フライ、渡辺佳(④横浜)の適時打でさらに追加点を奪い勝負を決めた。

投げては先発・森下暢(③大分商)が初回からエンジン全開。2者連続三振を奪うなど、上々の立ち上がり。2回以降もテンポの良い投球で立大打線を抑え込む。9回に同点とされてしまうが、延長の2イニングもそのまま続投。気迫の投球で勝利を呼び込んだ。

立大は土壇場の9回裏、4番・種田(④大垣日大)犠牲フライで同点に追いつき、延長戦に持ち込んだが投手陣が粘れず勝ち越しを許してしまった。

明大は明日、勝利すれば勝ち点1を獲得。立大は勝利して1勝1敗のタイにしたい。