「時は来た!ドラフト指名を待つ男たち」

平尾 奎太 ひらお・けいた
大阪桐蔭→同志社大→Honda鈴鹿
投手・左投左打・188センチ90キロ
1994年6月21日生(24歳)

 

 2012年、エース・藤浪 晋太郎(阪神)、澤田 圭佑(オリックス)の右2枚看板を擁し、甲子園春夏連覇を果たした大阪桐蔭の「3番手最速144キロ左腕」。大阪府泉佐野市出身で、泉佐野市立第一小では泉佐野レッドスターズで、泉佐野市立佐野中時代はいずれも軟式でプレーし、同期で唯一の軟式出身者として名門の門を叩いている。

 大阪桐蔭では2年春にベンチ入り。最上級生では主力として期待されていたが、2年秋に国家指定の難病「I&A腎症」を発症。医師らとの話し合いの末、長期間の運動禁止を強いられる本格治療は夏の甲子園後とし、春夏連覇を味わった。

 よって同志社大学入学後の2年間は治療に専念。完治し3年春にリーグ戦初登板すると3年秋にリーグ戦初勝利。そして4年時には春秋で7勝4敗。特に秋シーズンは4勝1敗・45回3分の2で43奪三振・防御率1.38で関西学生リーグベストナイン投手部門に選出された。

 プロ志望届は提出せず進んだHonda鈴鹿では10カ所に渡る投球フォームのチェックポイントを学び、チェンジアップの握りを変えるなどした結果、1年目から急成長。最速146キロのストレートに伸びが生まれ、チェンジアップにも落差が生じることに。都市対抗では、三菱日立パワーシステムズ戦の5安打完封を含む2試合14回無失点。侍ジャパン社会人代表に選出され、BFAアジア選手権でも3試合4回無失点で優勝に貢献。さらに社会人選抜の一員としてチャイニーズ・タイペイに赴いたアジアウインターベースボールリーグでも6試合に登板して防御率0.95。大会最優秀投手に選ばれ、社会人屈指の左腕となった。

 2年目の今年は三菱日立パワーシステムズ戦・5回3失点で敗戦投手なった都市対抗まではケガの影響で苦しんだものの、日本選手権の東海地区予選では3試合連続で先発し3連勝に貢献。特に第一代表決定戦となったジェイプロジェクト戦では完封勝利で殊勲選手賞。新たにマスターしたスクリューも携え、先発・リリーフどちらもこなせる即戦力として晴れの日を待つ。

TBSテレビ「プロ野球ドラフト会議」の番組公式サイト
http://www.tbs.co.jp/baseball-draft/