2018年夏より、スポブル編集部スージーは「自由研究」をスタートさせています。自由研究のテーマは「オールスポーツ」。

「スポーツ」と名前のつく、ヒト、コト、モノ、全てにスポットをあて、独自の視点で時には主観的に分析する「編集部スージーの自由研究室」を立ち上げました。スポブルで24時間配信中の本格スポーツニュースの箸休めとして、よろしかったらポチッと遊びに来て頂ければ嬉しいです。

ということで「編集部スージーの自由研究」第八回目のテーマは、こちら。

 

「あのクラッシュドアイス、12月に横浜で観られるってよ!」

どーーーーん!!かっこいいオフィシャルポスターもキラり☆(ーvー)

あの超絶氷上バトル「アイスクロス・ダウンヒル」世界選手権が12月に横浜で開催。

この一大ニュースが飛び込んだのは、今夏。「アイスクロス・ダウンヒル」世界選手権の2018-19シーズン開幕戦がなんと12月に日本初開催されるのだとか。

ところで、スポブルユーザーの皆さんご存知ですか?「アイスクロス・ダウンヒル」という競技を。

この「アイスクロス・ダウンヒル」とは、アイスホッケー・ダウンヒルスキー・スノーボードクロスの要素を取り入れた氷上競技のことで、一言で言うなら、超カッコいいーー競技なのです。

昨シーズンのカナダ大会「クラッシュドアイス」は、我がスポブルでも無料ライブ配信されました。もちろん、そのカッコ良さはスポブルスタッフ全員が太鼓判。個人的には、現地映像のカメラワークとか、実況解説の皆さんのクラッシュドアイス愛が凄く、そこにプラスしてワクワク感が半端ないのです。

むむむ、こうして記事を書いていると、また観たくなって来ました「アイスクロス・ダウンヒル」世界選手権、クラッシュドアイスちゃん。そんなこんなで、スージーの個人感想はさておき、横浜の大会について詳しくインフォメーションしたいと思います。横浜大会の概要は、こちらです!!

 

「アイスクロス・ダウンヒル」世界選手権となる「ATSX Red Bull Crashed Ice World Championshipの2018-19シーズン開幕戦」2018年12月7日(金)8日(土)横浜の地で日本初開催

 

競技概要としては、アイスホッケーのプロテクターを付けた選手が、最高時速80kmに達するなか、1レース4名ずつ街中に設置された最長約600メートルの高低差がある氷の特設コースを障害物をかわしながら、一斉に滑り降りるレース。2001年の初開催から2010年に世界選手権がスタートしたという歴史ある大会は、これまで49の大会が開催されているそうで。しかも、この記念すべき50回目の大会が、ジャパンのヨコハマで開催されるのです。

 

ヨコハマすごーい!!(^^)

さらにさらに、横浜のクラッシュドアイスちゃんは会場も凄い。なんと横浜市西区「臨港パーク」会場には、全長約350メートルの特設コースを設置して実施されるのだとか。ちなみに、将来的には冬季五輪の正式種目採用も目指しているらしい「アイスクロス・ダウンヒル」。ふむふむ。これは、もはや大大注目のウィンターアクションスポーツですね。

筆者スージーもMCのアリーさんのように競技の魅力をクールに説明したいんですが、もはや「すごい」とか「カッコイイ!」しか言葉が出てきませんね。

ちなみに観戦チケットは、現在各種プレイガイドにて一般販売中。横浜の会場に足を運んでキュルキュルの氷が貼り巡るコースを目撃したり、選手たちの迫力を間近で見ても楽しそうですね。

そんなこんなで。この「レッドブル・クラッシュドアイス」2018~19年シーズン開幕戦の記者会見が10月18日、都内某所で行われたそうで。しかも、スポブルの映像D、ポリス田中さん&ばらっちくんがスポブルカメラで動画を抑えているらしく、ブルのオフィスで映像の書き出し(業界用語)を作業していました。

ポリスさん情報によると、映像は超絶カッコイイらしく。スポブルオフィスで映像班ばらっちくんが会見映像をちょこっとだけ見せてくれました。

豪華メンバーが勢揃い記者会見の様子はスポブル動画で近日公開

(ーvー)むむ?

その映像完全版、早く見せてーーーーー。

現在、オフライン編集中(業界用語)という映像ですが、スージーも近日公開の瞬間を楽しみに待つとします。先日の記者会見では、2010シーズンから参戦している日本女子選手の第一人者、山本純子選手もコメントされたそうで。

山本選手ご自身は「スピード感がすごい。ぜひ生で迫力を体感してほしい」と大勢のメディアを前に魅力を語ったそうです。横浜大会は、山本選手の凱旋でもありますし、私達サポーターも当日は日の丸ハチマキつけて、山本選手を応援しましょうね!!

スージー未確認情報としては、クラッシュドアイスちゃん横浜大会がブルで生配信されるらしき?噂もゲットしてます。さらに「ATSX Red Bull Crashed Ice World Championshipの2018-19シーズン開幕戦」の詳細はスポブルの「アクションスポーツ」ページでも随時公開していきます。どうぞお楽しみに。

編集部スージーの自由研究は、まだまだ続きます。

取材・文/スポブル編集部 スージー

スージーのつぶやき:山本選手の走りだし、ガチにかっこいいっす☆

____

「編集部スージーの自由研究」とは?

テーマを「オールスポーツ」に設定し、毎回スポーツと名前のつく、ヒト、コト、モノ、全てにスポットをあて、独自の視点で時には主観的に分析する研究室。スージーは、東京都渋谷区のスポーツブル編集部に勤務中。現在は、「スポブル」内の「地域」「サッカー」ページで、J.LEAGUE関連記事「Jの部屋」取材&コラムを担当中。本名は、鈴木といたって普通の日本人。スージーの由来は遥か昔、FMラジオ局でAD見習い時代に外国人のDJさん達が「スズキ、ニホンゴヤヤコシイ。ユーアー、スージー!」と突如命名されたもの。好きな食べ物は、デニーズのクリームパスタ大サイズ(いらない情報)。

 Red Bull Crashed Ice Yokohama 2018

会場: 臨港パーク特設会場(神奈川県横浜市⻄区みなとみらい 1 丁目 1-1)

日時: DAY1 予選日 2018年12月7日(金)OPEN 15:00 START 17:15

    DAY2 決勝日 2018年12月8日(土)OPEN 15:00 START 18:00

※雨天決行・荒天中止 ※予告なく変更になる場合があります

内容:アイスクロス・ダウンヒルの世界選手権、ATSX Red Bull Crashed Ice WorldChampionship(ATSX レッドブル・クラッシュドアイス・ワールドチャンピオンシップ)2018-19シーズンの開幕戦

主催:レッドブル・クラッシュドアイス実行委員会  後援:横浜市

協賛:BFGoodrich、FWD 富士生命保険株式会社、ジャガー・ランドローバー・ジャパン株式会社