吉村真晴インタビュー(後編)

前編はこちら>>

 10月24日に開幕を迎えるTリーグ。開幕戦で木下マイスター東京と激突するT.T彩たまは、チームは国際色豊かで個性的だが、活動も積極的である。埼玉のホテルでファンを集めてパーティーを開き、イベントを多数開催するなど、ファンとの交流を深めている。他チームの動きがなかなか見えないなか、独特のカラーを打ち出している。


岡山リベッツに所属する弟・和弘との対戦について

「やりづらい」と苦笑する吉村真晴(まはる)

―― T.T彩たまのカラーは?

「僕らのチームは、ファンとの交流会を開いたり、イベントを積極的にやって地域密着型で地元とのつながりを深く持とうとしています。正直、今まで卓球をやってきて、こんなにファンの人と触れ合う機会ってなかったんですよ。その機会をいただいて本当に楽しいですし、埼玉のスポーツに対する熱さを感じますね。埼玉は浦和レッズ、大宮アルデージャ、埼玉ブロンコスなどプロスポーツがあるんですが、応援文化が根付いているというか、すごく団結して応援してくれます。そこでやれるのは幸せですね」

―― イベントが多いですよね。

「めっちゃ楽しいですね。人前に出るのは嫌いなタイプではないんで、ずっと話をしています(笑)。僕はけっこうおばあちゃんに好かれて、『真晴くん、応援してるよ。がんばってね~』って声をかけられると、うれしいですね」

 吉村真晴(まはる)は、そう言って表情を崩す。T.T彩たまが開幕戦で激突する相手は、木下マイスター東京である。相手チームは、張本智和、水谷隼、松平健太ら日本のトップが集う卓球界のレアル・マドリードであり、ヤンキースであり、いわゆる「銀河系最強軍団」である。

―― 開幕戦は木下マイスター東京との対戦です。

「両国国技館という特殊な場所での開幕戦で、多くの方に注目してもらえます。そこでオールスターみたいなチームと戦うことができるので、今の自分が日本代表のトップにどのくらい通用するのか、チームとしてどれだけまとまって戦えるのか、すごく楽しみです。見ている人に卓球っておもしろいなぁーって思ってもらえる試合をしたいですね」

―― 相手は、張本選手か、水谷選手になりそうですね。

「どちらが来ても難しい試合になりますね。水谷さんは戦術的な幅が広い。固定観念を持って戦うと『あらら』となってしまうんで、あまり考え過ぎないようにやらないといけないです。張本は悔しいけど、めちゃくちゃ強い。昨年はチェコオープンで、2-4で負けました。そこからさらに成長しているでしょう。ただ、自分もそこで立ち止まっていたわけじゃないですし、勝つための練習をしているんで、しっかりと準備して挑みたい。チャレンジャーの恐さっていうのを見せてやりたいですね」

―― 勝機は?

「戦術的なことは言えないですが、勝つための準備はしています。それで勝って、チームとしても勝てたら楽しいだろうなぁ(笑)。そこで一緒に大勢のファンと喜ぶことができたら、また新たな景色が見えるというか、卓球選手としてやっていてよかったなぁと思えるのかなと」

 開幕戦を終えると、10月27日には弟の和弘が所属する岡山リベッツと対戦することが決まっている。「兄を越えたい」「兄には負けたくない」と猛烈なライバル心を見せる和弘だが、兄・真晴は兄弟対決をどう考えているのだろうか。

「正直、やりにくい」

 吉村は、苦笑する。

「弟はもともとポテンシャルがあって、香港オープン(2018年5月)で優勝して確実に成長している。それが自信になっていますが、逆に勝ったことでプレッシャーも感じているようです。でも、それを乗り越えてくると一段と強くなると思うんですよ。いやー、マジでやりたくない(苦笑)。でも、当たりそうな気がするんですよね。対戦したら? そりゃ負けたくないですよ。勝って兄の威厳を保ちたいですね」

―― 和弘選手は、かなりメラメラ感出していましたが。

「アイツは、小さい頃から僕に勝ちたいって言っていましたからね。僕が仙台育英の秀光中学に行っていた時、和弘も練習に来ていたんですよ。小学校を卒業したらうちにくるんだろうって思っていたら『俺はお前に勝ちたいから青森山田に行く』って。『えー、マジか?』ってビックリしました。そういうのがあったんで、ずっと勝ちたいんだろうなって思っていました。でも、Tリーグで対戦し、最後の1ゲームが兄弟対決になったらスゴイですよ。きっとめちゃくちゃ緊張するんだろうなぁ」

 Tリーグが開幕後、リーグ戦に加え、ワールドツアーもある。日本も含め海外でも遠征の時は、試合と試合の合間などけっこう時間があるケースが多い。その時間をどうのように過ごしているのだろうか。

―― 遠征や合宿の自由時間の過ごし方は?

「試合期間中は対戦相手のビデオを見ていますし、ない場合は携帯でゲームをしたり、ワンオクを聴いたりしていますね。基本的にインドア派なので部屋でのんびりしています。ルーティンですか? とくにないですが、試合に入る時はあえてテンションを上げるような曲を聴いています。自分は声を出して、気分を上げて試合に入った方が、調子がいいんで、そこは意識していますね」

―― 連戦や遠征などが多いなか、自分の支えになっているのは何ですか?

「家族ですね。奥さんは僕が海外や国内の遠征が多いことを理解してくれて、子どもの面倒をみてくれていますし、普段からコンディションを支えてもらっています。自分がこうして戦えているのは間違いなく奥さんのおかげ。子どもは、家に帰って『パパ』って走って自分のところに来てくれると、本当に癒されますね。辛い時、苦しい時、子どもの笑顔が僕を元気づけてくれるんで、ほんと家族は自分にとって大きな存在です」

 Tリーグが始まると選手は大きな注目を浴びるだろう。一方で選手は、プロとしてのプレーや言動で自らの価値を高めていくことが要求される。その意識が選手を本物のプロへと昇華させる。それを選手ひとりひとりが実現すること。それが卓球を野球やサッカーと並ぶメジャースポーツへと押し上げていく原動力になる。

―― Tリーグは選手の価値を高め、卓球をメジャーにする大きなチャンスになりますね。

「そうですね。卓球という競技の知名度をもっともっと高めていきたいですし、”吉村真晴”のブランド力を高めていきたい。イチローさんとか、福原愛さんとか、誰もが知っている選手、ビッグスターと呼ばれる選手が生まれてほしいなと思いますし、自分もそうなりたいなと思っています。人気や知名度が低いスポーツは、ひとりのスーパースターが誕生することによって大きく変わり、メジャーになっていきますからね」

―― 初年度の目標を教えてください。

「T.T彩たまとしては、もちろん初代王者を目指してやっていきたい。個人としてはすごく強い選手が多いなか、勝ち越して最終的にMVPを獲りたいですね。なんか『MVP張本』とか、『MVP水谷』とかって普通じゃないですか。そこで僕が勝ったら『よしむら? 誰や?』となるはず。そのために1試合1試合しっかりと勝ってMVPを獲って、世間をびっくりさせたいですね」

 Tリーグは、10月24日の開幕から2019年の2月24日まで20試合を戦うことになる。その合間にワールドツアーがあり、全日本卓球選手権がある。かなりハードなスケジュールだが、吉村の初代王者とMVPを獲る意気込みは半端ない。

「選手として輝ける時間が少ないんで、いけるところまで突っ走っていきたいです。どれだけやれるのか、どれだけ注目されるのかわからないけど、選手として『俺はまだやってんだぞ』っていうのを知ってもらいたいです」

 吉村の目標である2020年東京五輪につなげていくためには、ワールドツアーでのポイントが重要だが、同時にTリーグで成長し、MVP級の活躍を見せて存在感を示すことも必要だ。そのために開幕戦で日本のトップと戦って勝利を挙げ、その後も中国を始め世界が注目するリーグ戦で爪痕を残していく決意だ。

「期待しとけよって感じですね」

 Tリーグに”ヨシムラマハル”旋風が吹くか――。