10月25日に迫ったプロ野球ドラフト会議。

BIG6.TVでは東京六大学野球連盟からプロ志望届を提出した選手たちに想いを聞いた。
大学での4年間、周囲の期待、野球を通しての経験。最後のリーグ戦の最中に大きな決断を下すこととなった8名を特集する。

 

第1回は法政大学主将も務める向山基生(法政二)。

付属校出身者ながらタレント軍団の法大をまとめ上げ、現在、秋季リーグ戦も優勝争いにも食い込んでいる。ドラフトまで1週間。秋季リーグ最後のカード、ドラフトを見据え向山は何を思うのか。 今夏、日本代表にも選ばれ、プロへの準備が整った向山に話を聞いた。

 

 

向山基生(むこやま もとき) (法政二高-法政大学)
1996年7月5日生まれ
右投げ右打ち 185cm/80kg
法政大学野球部・第103代主将。右の巧打者で、大学通算打率も3割を優に超える。今年の春季リーグ戦で、ベストナインに初選出。夏には大学日本代表にも選ばれ、世界で戦った。