10月24日(水)に開幕する卓球の新リーグ「Tリーグ」に、16日、女子チームの「木下アビエル神奈川」から小学4年生10歳の張本美和が参戦することが発表された。これまで男子チームの「T.T彩たま」が選手育成のために3歳の女の子と契約をしたが、参戦となると最年少となる。



 張本はチームを通じて「Tリーグにさんかすることができて、とてもうれしいです。もくひょうは試合に出ることです。トップ選手たちの試合をみて、学びたいです。おうえんをせいいっぱいし、優勝を目ざしたいです。」とコメント。

 木下アビエル神奈川は、日本のエース石川佳純(全農)を筆頭に今年の世界卓球代表・長崎美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)など勢いのある若手選手で構成されている。

 張本も7月に小学生以下の全日本選手権で優勝、8月には国際大会で優勝するなど今年に入って急成長。兄は、今年の全日本王者に輝き史上最年少記録を次々と更新している張本智和(JOCエリートアカデミー)。そんな兄から「自分より才能がある」と言わしめるほどの妹の参戦に期待も膨らむ。

 智和も男子チーム「木下マイスター東京」から出場する。天才兄妹で新リーグ初代チャンピオンを目指す。