慶大が2対0で立大に完封勝ち。開幕4カード連続で勝ち点を手にして優勝に王手をかけた。

 第1戦を慶大、第2戦を立大が奪って1勝1敗で迎えた3回戦。慶大は2日前に9回3安打1失点でリーグ戦初完投勝利を挙げた髙橋佑樹(3年・川越東)が中1日で先発。対する立大は、今秋3試合で0勝2敗と不振だった田中誠也(3年・大阪桐蔭)が、故障離脱から9月24日以来の復帰登板となった。試合は、この両先発による投手戦となり、7回表を終えたところで試合開始から1時間半が経過というハイペースで試合が進んだ。

 

9回3安打無失点の快投で5勝目を挙げた慶大・髙橋佑

 

 

 

 迎えた7回裏だった。慶大が1死から6番・小原和樹(3年・盛岡三)がレフトへの2塁打を放つと、2死2塁から「絶対に打ってやると思って打席に入った」という8番・瀬戸西純(2年・慶應)がセンター前へ弾き返して待望の先制点を奪った。さらに8回裏にも立大の2番手・川端健斗(1年・秀岳館)から1死3塁のチャンスを掴み、大久保秀昭監督が「川端君に倒しての相性、タイミングが合いやすい」と送り込んだ代打・正木智也(1年・慶應)が犠牲フライを放ってリードを2点に広げた。

 

7回裏、慶大が瀬戸西のタイムリーで2塁走者・小原が生還する

 

 

 

 2日前の1失点完投から「疲れはありました」と髙橋佑。さらに「僕への対策もしてくるでしょうし、今日負けると優勝が消える。今日はすごく緊張しました」と試合前の心境を明かしたが、マウンド上では「郡司と配球の息が合った」とリズムよくアウトを重ね、最終回も三者凡退に仕留めて力強いガッツポーズ。9回120球を投げて3安打1四球6奪三振での完封劇に「今日は神経をつかいました」と照れ笑いも、「試合が始まってからは野球の世界に入れた」と自身初完封での今秋5勝目に胸を張った。

2時間5分の投手戦を制した慶大は、勝ち点を4に伸ばして優勝に王手。10月27日の週に行われる早大戦に勝利すれば完全優勝となる。今春は優勝決定後の早慶戦で勝ち点を落としただけに、最多勝も濃厚となった髙橋佑は「勝ち点5を取って気持ち良くパレードしたい」と気を引き締めていた。

 

立大・田中誠は復帰戦で7回5安打1失点と好投したが・・・

 

 

 

■立教大vs慶應義塾大3回戦
立教大   000 000 000=0
慶應義塾大 000 000 11X=2
【立】●田中誠、川端健-藤野
【慶】○髙橋佑-郡司

◎慶應義塾大・大久保秀昭監督
「(完封の髙橋佑は)この立教戦に関しては1戦目も含めて言うことないですね。(捕手の)郡司がうまく引き出しているということもある。1戦目も踏まえて、ミーティングで話したことをしっかりとやってくれた。理想は先発完投。打線も少ないチャンスで、昨日もあと少しという攻撃が続いた中で、引きずらずによく耐えて頑張ったと思います。(相手先発の田中誠は)1戦目も、もしかしたら(投げる)という準備はしていた。本調子でない中でもピシャリとやれるのはさすがだなと思いました」

◎慶應義塾大・髙橋佑樹(3年・川越東)
「球はそんなに良くなかったんですけど、丁寧に投げることを意識しました。郡司と配球の生きが合った。春は優勝が決まってからの早慶戦で負けて、負けてからパレードするという微妙な感じになってしまった。完全優勝のチャンスが残っているので、勝ち点5を取って気持ち良くパレードしたいと思います」

◎慶應義塾大・瀬戸西純(2年・慶應)
「(離脱していた田中誠の先発に)驚きましたけど想定内。前の週から準備はしていました。7回が始まる前に先制点を取るぞと言っていて、僕の前で三振に倒れた嶋田から『頼むぞ!』と声を掛けられた。絶対に打ってやると思って打席に入った。このチームが大好きなので、このチームで優勝したい」