幼い頃の父とのキャッチボールから始まった僕の野球人生、当時は野球だけをやらせるように父がグローブとバットをいつの間にか持たせていたのだと思いますが、ボールを投げることは好きで、幼児相手とは思えない速さの父のボールを顔に受けることもしばしばありながらも、父が家にいる時はいつもキャッチボールしていた覚えがあります。

続きを読む(外部サイトへ)