突然ですが、皆さんコーヒーは飲みますか?

ちなみに僕は大好きで食後を中心に、1日3~4杯は飲んでます(笑)。

ということで今回は、コーヒーのダイエット効果や健康効果についてお話しさせて頂きたいと思います。

・合わせて読みたい→
老化・肥満はカラダの酸化が原因!抗酸化物質を多く含む食べ物(http://cocokara-next.com/food_and_diet/including-many-antioxidant-food/)

坑酸化作用 (アンチエイジング)


□ カフェ酸
コーヒーには「クロロゲン酸」というポリフェノールが含まれます。
(聞いた事あるかもしれませんね)

これを細かく分けると数種類あるのですがその中で、「カフェ酸」というものがあります。

カフェ酸は体内で、坑酸化物質を増やしてくれたり、脂質の酸化を抑えてくれます。

脂質が酸化すると、シミの原因にもなります。
(避けたいですね…)

ダイエット効果

□ エネルギーセンサー (AMPK) の活性化
これにより、脂肪燃焼の促進。

そして、インスリンの感受性を高めてくれる。
(脂肪ではなく、筋肉に栄養を運びやすくなる)

□ カフェインの「体脂肪分解作用」

+ クロロゲン酸の「糖質分解酵素 阻害作用」

脂肪燃焼 + 糖質の吸収を抑える。

□ 血糖値の上昇を抑える

□ コーヒー + 緑茶でさらなる効果お茶
緑茶には、カフェインと「EGCG」というものが含まれます。

「カフェイン」+「EGCG」
この2つの相互作用が「消費カロリーの増加」に作用します。

健康効果 (病気の予防)

□ 心臓血管系疾患、 冠状動脈系疾患の予防

□ 喘息、関節痛に効果的

□ 糖尿病、認知症の発症リスク低減

□ 早死のリスク低減

□ 抗がん作用
少し詳しく。

コーヒーを1日2杯以上飲んでいると、乳がんの進行や再発を抑えるそうです。

また、コーヒーをよく飲んでいる人ほど子宮体がん、肝臓がん、男性の膵臓がん、女性の浸潤結腸がん(大腸がん)、
これらの発生リスクが低くなるとのこと。
(国立がん研究センター病院)

□ コーヒーは心臓に悪い??
140万人を対象にした研究で、1日6杯程度コーヒーを飲んでも血圧に与える影響はなかったそうです。

まとめ

 1日に、ブラックコーヒーを3杯程飲む事で効果も得やすいかと思います。
(※無理はせずに!)

ダイエット効果を狙う場合、タイミングとしては、

・トレーニングの30~60分前
・食後

がオススメですね!

[文:shibuya sankak パーソナル・トレーナー]

「パーソナルトレーニングジム shibuya sankak(シブヤ サンカク)(https://shibuya-sankak.com/」

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。