*写真は張禹珍(ジャン・ウジン・韓国)

韓国・張禹珍が岡山リベッツに加入

9日、10月24日開幕の卓球新リーグ・Tリーグに参戦する岡山リベッツが韓国・張禹珍の加入を発表した。

張禹珍は2013年の世界ジュニア選手権大会・男子シングルスで優勝するなど、ジュニア時代から頭角を現しており、今年のワールドツアープラチナ・韓国オープンではシングルス、ダブルス(韓国の林鐘勲とペア)、混合ダブルス(北朝鮮のチャ・ヒョシムとペア)で3冠を果たすなど、力をつけてきている選手だ。

韓国オープンシングルス準決勝では日本代表の水谷隼(同12位・29歳)=木下グループ=を破っており、10月度世界ランキングは20位につけている。

これで、岡山リベッツには韓国の世界ランキング7位、李尚洙も加入しており、韓国代表の主力2人が岡山に集ったことになる。また、T.T彩たまには韓国の鄭栄植が所属しており、“韓国対決”にも注目が集まる。

本人のコメント

岡山リベッツに入団し、日本でプレーできることを光栄に思いますし、感謝いたします。日本のファンの皆様を世界のプレーで魅了し、そして、チームの優勝に貢献できるよう、一生懸命頑張ります。応援よろしくお願いします。

文:ラリーズ編集部
写真提供:岡山リベッツ