息詰まる投手戦を繰り広げた2回戦に引き続き、今季初の3回戦も緊迫したロースコアの展開となった。東大の先発は1回戦で悔しい投球内容となった小林大(3年/横浜翠嵐)。両先発譲らず0対0で迎えた3回、2死から適時打を浴び先制されたが後続を断ち大量点は許さない。5回にも2死から失点を喫するも最小失点に凌ぎ我慢の守備が続く。一方の打線は、相手先発の前に8回まで安打すら放てず、ノーヒットのまま最終回に。2点を追う9回、先頭の代打・梅山(2年/四日市)がチーム初ヒットを放つと一気に流れを呼び寄せる。昨日殊勲打を放った代打・武隈(2年/鶴丸)も四球で続くと、犠打で1死2,3塁のチャンスを迎え、岡(2年/小倉)の内野ゴロの間に1点を返す。その後も攻め立てたが、わずかに及ばず惜敗を喫した。残す最終カード・法政大学戦に今季初勝利そして勝ち点をかける。