WBA世界バンタム級王者の井上尚弥(25=大橋)が、横浜アリーナで行われたワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)のバンタム級初戦で元WBA 世界バンタム級スーパー王者のファン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)と対戦。1ラウンド1分10秒のKO勝利で準決勝進出を決めた。

 

WBSS代表「彼のパンチは爆弾」、「階級を超えて世界で最強のパンチャー」

 

 圧巻だった。最初で最後のパンチだった。

左のジャブと右ストレートのワンツーで仕留めた。一瞬の出来事に会場は騒然。

当の井上尚弥本人は、

「手応えが拳に伝わってきて、倒れ方もかなり効いていると思ったので、この一撃で終わったと思いました」
「入り際のストレート。ずっと練習してきたパンチ」
「パンチ力とキレはバンタム級ではフィットしていると思う」

と冷静にコメント。

「常に強い相手と大きな舞台で」と望み続けてきた井上尚弥。

5月に3階級制覇を果たし、次なる戦いの舞台に選んだ「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」。世界のトップ選手8人が集結し、世界最強の称号と、1000万ドル(約11億円)とも言われる優勝賞金を目指し頂点を争う。トップ中のトップが集まるトーナメントにおいても、1ラウンド70秒KOという圧倒的な強さを見せつけ、「全部KOで勝ってほしい。重圧になると思うが、尚弥ならできる」と語っていた大橋会長との約束を果たした。

・合わせて読みたい→
【特集】地球上で最強のアスリート 井上尚弥(http://cocokara-next.com/feature_archive/naoyainoue-feature/)

同僚・八重樫東「技術はもちろん、それを引き出す勝負度胸」

 試合後の記者会見でWBSS代表のザワランド氏は、

「彼のパンチは爆弾」
「階級を超えて世界で最強のパンチャー」

と称賛、いや絶賛を並べた。

リングサイドでこの試合を観戦した大橋ジムの同僚で、世界三階級制覇の八重樫東は「今日の試合の感想も何も(笑)」と笑いながら、「最後のパンチ、その技術を引き出すのは尚弥の勝負度胸」と、同僚の更なる進化を驚きの表情で振り返った。

この勝利により、井上尚弥の通算戦績は17勝15KO無敗。8戦連続KO、世界戦通算KO12試合という、2つの日本新記録も更新した。

井上尚弥が世界を代表するアスリートに一歩近づいた。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

井上尚弥 (いのうえ・なおや)

1993年4月10日、神奈川県座間市出身。
今もコンビを組む父・真吾氏の下、小学1年でボクシングを始める。相模原青陵高校時代に7冠を達成し、2012年に大橋ジムからプロ入り。戦績17戦全勝(15KO)。15年に結婚した高校時代の同級生との間に17年10月、長男が誕生した。