「モンスター」井上尚弥が、その実力をまた世界に見せつける。

10月7日、階級最強を決めるトーナメント「ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)」の初戦を迎える。

 

 「過去最高の仕上がり」と本人が評したその肉体は、完璧なまでに研ぎ澄まされていた。その体づくりを支えているのが、明治のSAVAS(ザバス)だ。

株式会社明治のスポーツ栄養マーケティング部で管理栄養士を務める村野あずささんは、ライトフライ級王座初防衛戦前の14年7月から井上選手のサポートをしている。

 

「最初の方はまず、食事の内容や時間といった、1日の生活リズムを知ることから始めました。当時は朝昼兼用で済ませている事とかが多かったですね。不足している栄養素も多かった。」

「まず整理して、必要な情報を提案していきました。決して、井上選手の栄養面・食事面への意識が低かったという訳ではないんです。正しい知識や情報が足りていなかっただけなので、自分にとってどういうものが必要であるという事を理解して、体調面など結果でも感じられるようになって、より積極的に意識してもらえるようになったと思います。私たちの方で具体的に細かい食事メニューを作って徹底管理しているとかはないです。自分自身や奥様と協力して体づくりをされています。井上選手の方からも食事面での相談とか来たりするようになりましたね。」

・合わせて読みたい→
【特集】地球上で最強のアスリート 井上尚弥(http://cocokara-next.com/feature_archive/naoyainoue-feature/)

口論の原因はプロテイン

 そんな信頼関係で結ばれている村野さんだが、だからこそぶつかったことも。

「井上選手はプロテインを好んでいませんでした。筋肉が付きすぎてその分減量が厳しくなってしまうと。でも、私はプロテインを摂取することがより良いと思っていたので、あの時は口論になりましたね(笑)。いい思い出です(笑)。でもその後、井上選手がプロテインの有用性に気付いてくれて、積極的に取り入れてくれて結果にも繋がっていてくれるのは嬉しいですね」

「井上選手はすごく賢い選手なので、自分に必要なもの、必要のないものを考えて、選ぶことができる。サポートを始めた4年前から、見た目も、考え方やメンタル面も変わって来ているのを感じますね。すでに超一流の選手でしたけど、私たちのサポートでより良い結果に繋がってくれるなら嬉しいですね。」

 天才を支える縁の下の力持ちたちのためにも、井上尚弥がその能力を証明する。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]