立教大学 6 - 7x 法政大学
勝:菅野 敗:手塚
本塁打:なし



法大が2連勝とし、勝ち点1を獲得した。

まず、先制したのは法大。1回裏2死1・3塁の好機で、粘った10球目を5番・中村浩(④多良木)がセンター前へ運び1点を奪う。

立大は先制点を許した直後の2回表、笠井(③桐蔭学園)の内野ゴロの間に同点。立大の先発・江口(③浦和学院)の適時打で勝ち越しに成功するも、その裏に法大がすぐさま追いついてみせる。

試合は中盤戦に入っても落ち着きをみせない。5回表に立大・小野大(③横浜)の適時三塁打などで3点を勝ち越すも、5回裏には法大・向山(④法政二)の2点適時打で点差を1点とする。そして、6回裏には1死満塁で法大・菅野(④小高工)の同点犠飛でついに追いつく。

その勢いのまま勝ち越しといきたい法大だったが、立大が9回表に松﨑(④横浜)の犠飛で1点を勝ち越す。

1点差で迎えた9回裏、法大が2死2・3塁のチャンスを作ると向山の内野安打で同点。そして、打者・中山(④履正社)の場面で立大・手塚(③福島)が痛恨のボーク。三塁走者がホームへ帰り、法大がまさかの結末でサヨナラ勝ちとなった。