東京大学 3 - 12 明治大学
勝:森下暢 敗:小林大
本塁打:東大・三鍋 1号(1回)/明治・添田 1号(6回)


明大が意地の逆転勝利で、1回戦を先勝した。

試合は初回に東大が先制する。宇佐美舜(④桐朋)、辻居(③栄光学園)の連続安打で1死、1・2塁のチャンスを作ると、4番・三鍋(④川和)のリーグ戦初となる豪快な本塁打を右翼席へ叩き込み3点を奪う。 明大は3回まで、東大の先発・小林大(③横浜翠嵐)に抑え込まれ得点を奪えない。

しかし4回、明大の打線が突如として爆発する。四球、失策で無死2・3塁とすると、平塚(④ 春日部共栄)の適時打、渡邉涼(②広陵)の内野ゴロの間に2点を返す。続く森下暢(③大分商)が自らのバットで逆転打を放ち4対3と試合をひっくり返す。明大はこのあともさらに4点を追加してビッグイニングとした。

初回に3点を失った明大・森下暢はその後立ち直りをみせ、東大打線から奪三振の山を築いていった。6回を投げて、被安打4、10奪三振、1四死球という内容で降板し、後続に試合を託す。

明大は6回に、添田(③作新学院)のリーグ戦初本塁打でさらに2点を追加。続く7回にも森下智(④米子東)の適時2塁打、さらに失策で計2点を挙げ、12対3と突き放す。

7回から明大・森下暢のあとを引き継いだ、竹田(①履正社)が2イニングス、中村(④仙台三)が1イニングスをしっかりと無失点で抑え、明大が勝利を掴んだ。また、東大は初回以降、明大から得点を奪えず悔しい敗戦となった。