法政大学 5 - 1 立教大学
勝:三浦 敗:川端健
本塁打:なし

 

好調の法大打線が今日も9安打5得点、立大に先勝する。

法大は第4週で慶大から勝ち点を奪えず、立大も第3週で早大から勝ち点を奪えずに迎えた第5週のこのゲーム。優勝戦線にギリギリ踏みとどまるためにはこのカードで勝ち点を奪うことが必須条件になる。両校の先発投手は、法大が今季6度目の先発となる法大・三浦(①福岡大大濠)、立大はエース田中誠(③大阪桐蔭)ではなく、今季3度目の先発ながらこれまで16イニングを投じてわずか1失点の川端健(①秀岳館)の1年生対決となる。

ゲームが動いたのは2回表。法大は中村浩(④多良木)が四球、川口凌(④横浜)のツーベースヒットで無死2・3塁のチャンスを作ると、吉岡(④智辯学園)がライト前に力強いタイムリーヒットを放ち1点を先制する。続く相馬(③健大高崎)が1塁線にスクイズで2点目をもぎ取る。立大は川端健のワイルドピッチでさらに1点を法大に献上する形となり、3点を追う展開となる。

立大は4回裏に先頭の飯迫(④神戸国際大附)が出塁するが、続く藤野(③川越東)のピッチャーゴロでランナーが入れ替わる。続く江藤(③東海大菅生)のヒットで藤野は3塁まで進塁し、1死1・3塁のこの試合最初のチャンスを迎える。今日神宮初スタメンに抜擢された小野大(③横浜)がライト前に運ぶタイムリーヒットで1点を返す。

続く5回裏には川端健、種田(④大垣日大)の連打と主将・松﨑(④横浜)の犠打で1死2・3塁、1打同点のチャンスを作る。飯迫の強烈な当たりをファースト中山(④履正社)が体で止め2死に。そして藤野は三浦の力強い外角へのストレートを空振り三振。立大はあと一本が出ない、そして法大は失点を許さない。

6回表に法大は中山のセンターフライを種田が落球し、中山は3塁まで進む。無死1・3塁から川口凌がこの日3本目のヒットをレフト前に放ち1点を追加、ここで川端健は無念の降板となる。代わった比屋根(②興南)から相馬のライト前ヒットで2死満塁とし、代打・佐藤勇(②中京大中京)が押し出しでさらに1点を追加する。ここで立大は3番手・手塚(③福島)がマウンドに上がり、ピッチャーゴロ併殺打で大量失点を防ぐ。


7回以降、立大・手塚と法大・石川(②横浜)のリリーフ陣からチャンスをつくれない展開となる。法大は最終回に菅野(④小高工)がマウンドに上がるが、立大は小野大がこの日3本目のヒットでノーアウトから出塁、そして笠井(③桐蔭学園)の内野安打で1死1・3塁のチャンスを作る。しかしながら、菅野が後続を抑えゲームセット。法大がこのカード先勝する。

法大が9安打、立大が10安打と安打数では立大が上回ったものの、あと一本が出ない形となった。立大は2回戦での巻き返しをしたい。そして法大も死闘の慶大戦の惜敗から中2日の戦いを制し、この勢いのままで連勝をしたい。