慶應義塾大学 2 - 8 法政大学
勝:菅野 敗:森田晃
本塁打:法政・宇草 2号(1回)、中村浩 1号(3回)、吉岡 1号(3回)


法大が13安打8得点の猛打爆発で快勝。1勝1敗の五分に戻し、首位決戦は3回戦に持ち越しとなった。

ゲームは初回から動く。法大先発・高田(②平塚学園)は初回にヒットと2四球で1死満塁のピンチを招いてしまうと、この回2つ目のワイルドピッチで慶大に先制点を献上してしまう。慶大先発・森田晃(①慶應)はその裏、先頭打者の宇草(③常総学院)にソロホームランを浴び、すぐに同点に追いつかれる。両投手とも制球に苦しむ立ち上がりとなってしまう。

法大が3回裏、ヒットで出力した小林(④中京大中京)を送り、1死2塁から中山(④履正社)が右にタイムリーヒットを放ち逆転に成功する。続く中村浩(④多良木)がレフトスタンド中段に運ぶ2ランホームランで、森田晃をマウンドから引きずり下ろす。

代わった木澤(②慶應)は、2死後に途中出場の吉岡(④智辯学園)のソロホームランを打たれ、法大はこの回一挙に点差を4点と広げる。

反撃の糸口をつかみたい慶大は、4回表に2死1・3塁として渡部(①桐光学園)の今日2安打目となる鮮やかなタイムリーで差を詰める。クリーンアップでの追加点が期待されるが、高田が踏ん張り追加点を許さない。なんとか逃げ切りたいその裏、向山(④法政二)・中山(④履正社)の連続タイムリーで2点を追加する。

法大は5回から菅野(④小高工)を投入する。菅野は低めにボールを集め、慶大打線を力でねじ伏せる。バットでも2本のヒットを放ち、追加点を演出する活躍。5イニングを1安打・1死球・5奪三振の力投で、リリーフとして今季初勝利となった。

雌雄を決する頂上決戦は、明日12:00に試合開始となる。勝ち点を3とし、優勝戦線に優位に立つのはどちらのチームか?