首位キープへ、大事な一戦を勝ち切った。相手は昨季慶大が2勝0敗と完勝を収めた法大。

だが法大はここまで4勝1敗1分と好調で、勝ち点2で慶大と同率首位に立っている。3連覇へ向け大事な、このカードでの勝ち点の獲得。その一戦目に先発した髙橋佑樹(環3・川越東)は初回に先制を許すもその後は法大打線を封じ、7回1失点の好投を見せる。打線は序盤、法大先発・三浦に苦戦するものの5回に小原和樹(環3・盛岡三)が逆転2ランを放つ。その後は髙橋佑の後を受けた髙橋亮吾(総3・慶應湘南藤沢)が無失点で抑え、そのまま逃げ切った慶大。接戦をものにし、勝ち点獲得へ王手をかけた。


台風一過という言葉がよく似合う、うだるような暑さの神宮で試合は始まった。初回、慶大先発の高橋佑は先頭の宇草に二塁打を打たれると、2死から二者連続で四球を与え2死満塁のピンチを作ってしまう。続く6番・川口凌は初球を叩き、打球はレフト前へ。三塁走者が還るも二人目の生還は許すまいとする柳町達(商3・慶應)の必死の送球は郡司裕也(環3・仙台育英)のミットへ一直線。見事に二塁走者を刺し、立ち上がりのピンチを最少失点で凌いだ。これで「精神的に吹っ切れた」と高橋佑。2回以降は立ち直り、3回・4回と先頭打者を出しながらも粘りのピッチングで無失点に抑える。

一方の打線は法大先発・三浦にコンスタントに140㌔中盤を計測するノビのあるストレートを投げ分けられ苦戦。ヒットは出るものの後続が続かず、4回まで二塁さえ踏むことができないまま一点ビハインドで試合は中盤へ向かう。

5回、髙橋佑は先頭を出すもこの日2打席連続安打を許している1番・宇草を変化球で三振に仕留め、1死一塁に。続く2番・小林が放った打球は風にも乗りフェンス際へ。抜けたかと思われたが、ライト・中村健人(環3・中京大中京)がフェンスに激しく身体をぶつけながらのジャンピングキャッチを見せる。抜ければ追加点という場面での超ファインプレーに慶大応援席は盛り上がりを見せる。するとその裏、慶大は1死から6番・嶋田翔(環2・樹徳)が浮いた変化球を捉えレフト前へクリーンヒットを放つ。続く7番小原の放った打球は乾いた打撃音を残しレフトへの大飛球に。法大の左翼手が追うのを諦めたその刹那、レフトスタンドにボールは弾んだ。小原の値千金の2ランで慶大はこの回逆転に成功した

 

援護をもらった高橋佑は、センター・渡部遼人(環1・桐光学園)のダイビングキャッチにも助けられ、6・7回を三者凡退に抑えスコアボードに0を刻んだ。打線は6回、先頭の中村が気迫のヘッドスライディングで内野安打をもぎ取りその後2死ながら満塁のチャンスを作る。法大はこの場面で三浦から左腕・石川にスイッチする。ここは嶋田が空三振に倒れ、一点差の緊迫した展開のまま試合は終盤へ向かう。

慶大は8回から髙橋亮をマウンドへ送る。先頭打者に対して140㌔後半の速球を連発し、変化球で三振に取る理想的なピッチングを見せる。その後もエンジン全開の投球で4番・中山を空三振に仕留めるなどこの回を0点に抑える。回を跨いで9回のマウンドに立った髙橋亮は149㌔を記録するなどこの回も力のこもった投球を見せた。最後の打者を左飛に打ち取り、危なげなく三者凡退に抑え試合終了。接戦を見事に勝ち切った。

 

勝ち点2で首位に並ぶ法大との大事な一戦目を制した慶大。「よく勝ちましたね」と第一声で大久保監督が語ったように、今季好調を維持している髙橋佑、髙橋亮の両投手の好守もさることながら、内外野問わずいくつもの好守が飛び出したまさに「守り切った」勝利だった。一方で打撃陣は、今日は好投手三浦の前に小原の本塁打による2点に終わった。好投手を多く擁する法大戦において決して楽な試合は無いだろう。勝って兜の緒を締め、明日は打撃陣の爆発に期待したいところだ。