東京大学 0 - 5 早稲田大学
勝:西垣 敗:有坂
本塁打:早大・福岡 1号(3回)


早大が西垣(①報徳学園)の完封により、東大に快勝。連勝で勝ち点を2に伸ばした。

両チームの先発は東大・有坂(④城北)と早大・西垣。両者ともに1・2回を無安打に抑え、危なげない立ち上がりを見せる。

ゲームが動いたのは3回。この回先頭の金子(②早稲田実業)がセンター前ヒットで出塁すると、センターがもたつく感に2塁に進む。続く鈴木萌(①作新学院)のタイムリーヒットでまずは早大が先制する。鈴木萌は犠打で2塁に進むと、昨日からリードオフマンに指名された西岡(④早稲田実業)の2ベースで生還する。続く福岡(③川越東)がライトポール際に弾丸ライナーで叩き込む2ランホームランで一挙4得点で有坂をノックアウトする。

リリーフでマウンドに登った渓(④浅野)が連続死球で1死1・2塁のピンチを迎え、宮本(③土浦一)が急遽マウンドに登る。2死後に池田(④高岡南)のタイムりで早大はさらに1点を追加、点差を5点と広げる。

リリーフした東大・宮本は4回以降早大打線を3安打に抑え、打撃の援護を待ちたいところであるが、早大・西垣を東大打線が捕まえることができない。西垣はテンポよく投げ込み、7回終了まで散発の2安打、2塁を踏ませないピッチングで、スキすら見せない。8回には失策・犠打で今試合初めてランナーを2塁に背負ったものの、代打・青山(③広島学院)を見逃し三振に抑える。

西垣は9回2安打・無四死球・8奪三振の神宮初完封勝利。優勝戦線にとどまりたい早大は連勝で勝ち点を獲得した。今季好調の東大打線も今週は沈黙。早大に2試合連続の完封負けを喫したが、残り2カードで勝ち点獲得を目指したい。