法政大学 1 - 2 慶應義塾大学
勝: 高橋佑 敗: 三浦
本塁打:慶大・小原 1号(5回)


ここまで2カードを終えて、勝ち点2を獲得している両チーム。初戦は慶大に軍配が上がった。

今シーズンは打撃成績・投手成績のいずれも好調な法大に対し、3連覇を目指す慶大は王者ならではの巧妙なゲーム運びが目立つ。優勝争いに残っていくための重要なこのカードは、両校とも今季は初戦の先発で定着している、法大・三浦(①福岡大大濠)と慶大・高橋佑(③川越東)の投げ合いとなった。

先制を奪ったのは法大。 2死満塁のチャンスから川口凌(④横浜)が初球をレフト前に運び、先制タイムリーを放つ。2塁走者中山(④履正社)がホームに突っ込み2点目を狙うも、慶大・柳町(③慶應)の好返球で見事刺殺する。

対する慶大は初回・2回に出塁をするも、後続がつづかない。4回まで法大先発の三浦に反撃の糸口を掴めない状態でゲームが進む。

ゲームが再び動くのは5回裏。慶大はランナーを1塁において小原(③盛岡三)がレフトスタンドへの2ランホームラン。東大2回戦に2安打して以来ノーヒットが続いていた小原の一打で逆転に成功する。

法大は6回裏2死満塁のピンチで、今季好調のリリーバー・石川がマウンドに。慶大・嶋田(②樹徳)を空振り三振に切って取る。何とか追いつきたいが、攻撃陣は慶大先発・高橋佑の好投に阻まれ初回以降連打が出ない。8回からリリーフした高橋亮(③慶應湘南藤沢)も含め、4回以降ノーヒットに抑えられたのが響き、首位対決の初戦をものにできなかった。

慶大はホームランでの得点のみではあるが、法大のチャンスの芽を摘む好守でゲームを制した。