大相撲の貴乃花親方(元65代横綱、本名・花田光司)が都内で記者会見し、日本相撲協会に退職届を提出したことを明らかにした。貴乃花親方は弟子の貴ノ岩が元横綱日馬富士に暴行を受けた件で、告発内容を協会から事実無根と認めるよう迫られていたと説明。「事実無根であると認めることができなかった。真実を曲げることはできません」と退職理由を語った。

 

 貴乃花親方の意志は固く、相撲界と決別する可能性もある。実は名横綱と呼ばれた力士たちが現役引退後に相撲界を離れるケースは珍しくない。若乃花、曙、朝青龍…時代を代表する力士たちの引退後の人生は波乱万丈だ。

・若乃花 勝(第66代横綱)通算成績:573勝286敗124休 勝率.667
本名は花田勝。現役時代は天性の勝負勘と強靭で巧みな足さばきから多彩な技を繰り出し、技能派の名力士として知られた。弟の貴乃花とともに史上初の兄弟横綱として活躍するなど、「若貴フィーバー」で一大ブームを巻き起こす。年寄藤島を襲名したが、引退相撲を終えて間もない00年12月18日に日本相撲協会を退職。その後はタレントに転身。スポーツキャスターや飲食店をプロデュースする実業家として活動する。11年に風水建築デザイナー直居由美里の助言で芸名を「花田虎上」(はなだまさる)に改名した。

・合わせて読みたい→
体操女子パワハラ騒動 美女アスリートが吐露した指導者と選手の「特別な関係」とは(http://cocokara-next.com/athlete_celeb/yuka-arai-serialization-01/)

 

・曙太郎(第64代横綱) 通算成績:654勝232敗181休 勝率.738
米国ハワイ州オアフ島出身。96年に日本国籍を取得した。圧倒的なパワーで長身からの突き押しが武器。同期の若乃花・貴乃花の最大のライバルとして名勝負を演じる。貴乃花と幕内での対戦成績は25勝25敗と全くの五分だった。現役引退後は曙親方として東関部屋で指導をしていたが、03年11月5日に日本相撲協会を退職。翌6日に格闘技K-1への電撃参戦を発表する。その後は総合格闘家、プロレスラーとして活動。13年には東関部屋の師範代に就任し、12年ぶりに回しをつけて若手たちを指導した。

・朝青龍(第68代横綱) 通算成績:669勝173敗76休 勝率.795
本名はドルゴルスレンギーン・ダグワドルジ。モンゴル・ウランバートル出身。スピード、パワー、多彩な技を兼ね備えた相撲スタイルで、05年に史上初の年6場所完全制覇を成し遂げる。圧倒的な強さで一時代を築いたが、10年1月場所に泥酔して暴行騒動を起こしたと写真週刊誌に報じられる。2月4日に日本相撲協会の理事会で事情聴取を受けた後、暴行問題の責任を取る形で現役引退を表明。衝撃的な幕引きにテレビ各局で緊急特集が組まれた。現在は実業家、タレント、映画俳優など多方面で活躍している。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]