ハイクオリティ、ハイセンスなムーブを兼ね備えたB-girlならではプレースタイル

世界で活躍し次世代シーンを牽引する注目の若手B-girl Ami。昨年アメリカで開催され、世界各国からトッププレイヤーが集い、バトルを繰り広げるブレイクダンス世界大会の一つである、「Silverback Open Championships 2017」を見事制し優勝、10代にして世界大会優勝の経歴も持つ彼女は国内でも様々なタイトルを獲得してきた。

日本トップクラスのB-boy が多数参加する DANCE@LIVE 2016 においても、メンズ顔負けのダイナミックなムーブで見事準優勝に輝きその実力を証明した。


Jason Halayko/Red Bull Content Pool

同じくB-girlとして活躍する姉AYUの影響で小学校5年生の時にダンスを始め、当初はHIPHOPを習っていたAmiだが、ブレイクダンスのレッスンを受けた際にウインドミルという技を知ってブレイキンにのめり込んでいく。
そんな彼女の先生は、世界をまたにかけ活躍し、日本のブレイクダンスシーンだけでなく世界のシーンにも影響を与えている、B-boy KATSU1である。キッズ時代から日本を代表するB-boyのレッスンを受け、ワールドな影響も受けた彼女はまたたく間にスキルアップし、様々な大会で好成績を収めていった。

プレースタイルとしては、トップからフロア、スピンまでかなり高いレベルでこなしつつ、加えて女性ならではのしなやかさや技のクリアさなど、まさにB-girlならではのブレイクダンスが武器。そしてダンススタイルだけでなく、ファッション性やバトル運びなどからも抜群のセンスを感じられるダンサーである。


Keisuke Kato/Red Bull Content Pool

現在はソロ活動に加えて、先日のWDC(WORLD DANCE COLOSSEUM)ファイナル、ブレイクサイドで優勝したYOSHIKIやGENROCなどが所属するチームGOOD FOOTのクルーとしても活動。GOOD FOOTとして出場した「Battle Of The Year2018(通称:BOTY)」の日本予選では見事ベスト4まで勝ち進んだ。

世界最高峰の1on1ブレイクダンス・バトル・コンテスト「Red Bull BC One」。

Amiは弱冠16歳、高校2年生の時にワイルドカードで出場したRed Bull BC One Japan Cypher 2015が初のJapan Cypher出場であった。昨年、女性としては史上初のRed Bull BC Oneワールドファイナルへ出場を果たしたB-girl Ayumiに続き、日本人B-girlのワールドファイナリストへ大きな期待がかかる彼女に要注目だ。


Suguru Saito / Red Bull Content Pool


photo by kazuki