9月24日(月)東京六大学秋季リーグ戦 明大3回戦

3連覇へ向け、まずは一つ山場を乗り越えた。1勝1敗で勝ち点をかけた明大との3回戦。同点で迎えた5回表に、代わった森下暢から3連打で1点を勝ち越すと、さらに嶋田翔(環2・樹徳)にも3ランが飛び出し、一気にリードを広げた。先発の髙橋佑樹(環3・川越東)も打線の援護に応え、8回3失点と中1日の疲れを感じさせないピッチングを披露。投打が噛み合う快勝で、2つ目の勝ち点を手にした。

 

前日の嫌なムードを振り払い、何としてでも2つ目の勝ち点を奪いたい慶大。初回、この日先頭に入った中村健人(環3・中京大中京)がいきなりヒットで出塁するもここは後続が繋がらず。慶大の先発は、一昨日の1回戦でも好投を見せた髙橋佑。初回はランナーを二塁まで進められるも、4番平塚を打ち取り先制は与えず。上々の立ち上がりを見せる。

先に点を奪ったのは慶大。2回、2死から瀬戸西純(政2・慶應)、髙橋佑の連続の内野安打で一、二塁のチャンスを作る。すると続く1番中村が、2打席連続となるヒットをセンター前に放ち、瀬戸西が二塁から生還。泥臭く繋ぎ、幸先よく先制に成功した。

しかし明大も黙ってはいない。3回、9番西野の内野安打から一死満塁のピンチを招く。迎えた4番平塚の打球は、打ち取った当たりもレフト前へポトリ。三塁ランナーがホームを踏み同点となるも、逆転を狙った二塁ランナーは固い連携プレーで生還を許さず。なんとかこの回を最小失点で切り抜ける。

勝ち越しの適時二塁打を放った内田

早めに勝ち越したい慶大だったが、3、4回は2番手の竹田を前にランナーは出すものの得点は奪えず。続く5回に相対するは、前日敗北を喫した森下暢。しかし、陸の王者は同じ轍は踏まない。柳町達(商3・慶應)と郡司裕也(環3・仙台育英)の連打で無死一、三塁のチャンスを演出すると、5番内田蓮(総4・三重)が一塁手の横を鋭く抜けるタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。さらに6番嶋田が高めに入ったストレートを強振すると、打球はレフトスタンドへ突き刺さる3ランに。「なんとかバットに当ててランナーを返す」と臨んだ結果は、最高の形となりチームのリードを広げた。4連打で相手エース森下暢をマウンドから引きずり下ろし、流れを一気に引き寄せる。

2本の安打で復調の気配を見せた郡司

 

追加点は直後の6回に。1死一、三塁で4番郡司がセンター前へしぶとく運び、1点を追加する。さらに5番内田もライトへの犠牲フライを放ち、もう1点を追加。中軸の打線が繋がり、さらなるリードを奪う。

 

一方で先発の髙橋佑も、4回5回と危なげなく三者凡退に抑えてリズムを作る。援護をもらった後の6回に、6番越智に2ランを浴びたが、「大量点を取ってくれて楽になった」と直後も自分のペースは崩さなかった。

中1日で再び好投を見せた髙橋佑

この日一番のピンチを迎えたのは8回。2番渡辺佳、3番逢澤に連打を許し、無死一、二塁としてしまう。球数も100球を超え正念場。しかし、髙橋佑はここも崩れなかった。4番平塚をピッチャー前への併殺で打ち取ると、続く5番北本の当たりはライトの中村が好捕。無失点で切り抜け、明大に流れを渡さない。

4点差で迎えた9回裏のマウンドには髙橋亮吾(総3・慶應湘南藤沢)が上がる。先頭バッターを空振り三振で切って取ると、後続も難なく手玉に取り三者凡退。前日の流れを見事に断ち切る勝利で、2つ目の勝ち点を手にした。

投打でそれぞれの選手が役割を全うした試合だった。投げては髙橋佑が8回を投げて3失点と十分なゲームメイク。100球を投げた1回戦から中1日での登板となったが、この日も109球を投げて、タフな姿も見せつけた。打っては、中軸を任される柳町と郡司が得点にも絡むマルチ安打。ここまで当たりが出ていなかっただけに、「これをきっかけにして調子を上げてほしい」と指揮官の大久保監督も今後に期待を寄せる。1番に抜擢された中村、3ランを放った嶋田も、打つべき場面でしっかりと結果を残し猛アピール。打線は今後さらに厚みを増していきそうだ。

 

次なる相手は同率首位で並ぶ法大。同じく明大との厳しい戦いをものにし、今最も勢いがあるチームと言っても過言ではないだろう。3連覇を狙う慶大にとって、ここが大きな正念場となることは間違いない。紫紺を倒し加速する陸の王者。勢いそのままにオレンジ軍団を迎え撃つ。

(記事:重川航太朗 写真:小林歩)