今季初の勝ち点奪取へ向け、是が非でも取りたい立大2回戦。早大は序盤から得点圏に走者を進めるが、あと一本が出ず、得点を挙げられない場面が続いた。一方の投手陣は援護点が入らない中でも今西拓弥(スポ2=広島・広陵)早川隆久(スポ2=千葉・木更津総合)の2年生コンビが好投。しかし、両校無得点のまま迎えた延長10回裏に、2死から早川がサヨナラ本塁打を浴びてしまう。接戦の末にこの試合を落とした早大は、勝ち点を懸けてあすの3回戦に臨むことになった。

 

この試合、立大打線に左打者が多いことから、髙橋広監督(昭52教卒=愛媛・西条)は今西を先発に起用。前カードの法大3回戦では決勝本塁打を打たれ敗戦投手となった今西だが、今季初先発となったこの試合では好投した。6回を投げ、得点圏に走者を背負ったのは一度だけ。5回にボールが先行し、2死一、二塁のピンチを招いたが、後続の打者を見逃し三振に切って取り、無失点で切り抜けた。7回から代わった早川も、9回までの3回で6奪三振をマークする圧巻の投球を披露。期待の2年生コンビが無失点リレーを見せたが打線の援護はなく、両校無得点のまま試合は延長戦に突入した。

9回のピンチを三振で切り抜け、雄たけびを上げる早川

打線は2回、檜村篤史(スポ3=千葉・木更津総合)が2死から左翼線二塁打で出塁し、先制の好機を演出。続く池田賢将(スポ4=富山・高岡南)の中前打で檜村は一気に本塁を狙ったが、中堅手の好返球に阻まれ本塁タッチアウト。先制点を挙げることはできなかった。その後、6回にも2死から瀧澤虎太朗(スポ2=山梨学院)の左中間二塁打で走者を得点圏に置いたが、続く4番の加藤雅樹(社3=東京・早実)が遊直に倒れ、またも得点できず。さらに7回には、岸本朋也副将(スポ4=大阪・関大北陽)が無死から四球で出塁すると、檜村の犠打と金子銀佑(教2=東京・早実)の中前打で2死一、三塁の好機に。ここで打席には、代打・重田慎太郎(文構3=佐賀西)。重田は左前に安打性の打球を打ち返したが、立大の遊撃手・笠井皓介(3年)がジャンピングキャッチの好プレーを見せ、ここでも得点を挙げることはかなわなかった。9回と10回にも安打で走者を出した早大だったが、最後まで点を入れることはできず。すると、延長10回もマウンドに上がった早川が、この回から出場した江藤勇治(3年)に甘く入ったスライダーを運ばれ、痛恨の被弾。大きな弧を描いた打球は、右翼席へと吸い込まれ、サヨナラ負けを喫した。「打たれてしまって全ての責任は自分にあるので、悔しさはあります」(早川)。好投する投手陣を見殺しにするかたちでの敗戦となった。

9回に2死一、二塁の場面で空振り三振に倒れ、肩を落とす福岡高輝(スポ3=埼玉・川越東)

「点を取れる時に、きちんと取っておかないといけないと改めて感じました」(池田)。打撃陣がつながりを欠いたこの試合。5度も得点圏に走者を進めながら、無得点に終わったことは非常に問題だ。しかし一方で、今西、早川が好投したという収穫もある。あす敗れれば、戦況は非常に厳しいものとなる。次戦はなんとしても勝利し、立大から5季ぶりとなる勝ち点を手に入れ、優勝争いに踏みとどまりたい。

 

(記事 金澤麻由、写真 中澤紅里、宇根加菜葉)