立教大学 0-3 早稲田大学
勝: 小島 敗: 田中誠
本塁打:なし


1勝1敗で迎えた立大対早大の3回戦は、小島(④浦和学院)の完封勝利で早大に軍配。勝ち点1を獲得した。

1回戦と同じく、立大・田中誠(③大阪桐蔭)、早大・小島(④浦和学院)の両エース対決は序盤から投手戦となる。立大は三井(②大阪桐蔭)に代わり、荒井(②佼成学園)を今季初のスタメンに起用する。同じく早大も加藤(③早稲田実業)に代わり、黒岩(④長野日大)がリーグ戦初のスタメンで起用する。秋季リーグ戦開幕から両チームの4番を務める三井・加藤が不振のためスタメンから外し、何としてもこのゲームを取りたい溝口・高橋両監督の思惑が見られる。

試合開始直後、小島は2番松﨑(④横浜)の打球を左手に当て、内野安打で出塁を許すも、後続を連続三振に抑える。田中誠は3番瀧澤(②山梨学院)に2ベースで出塁を許すも、やはり今日4番に入った岸本(④関大北陽)を打ち取り、両者ともに上々の立ち上がりとなる。以降も連打を許さず、また4回終了まで、小島は4個・田中誠は5個の空振り三振を奪い、2回戦同様の淡々とした投手戦の様相を呈していく。

ゲームが動いたのは5回裏。福岡(③川越東)・西岡(④早稲田実業)がこの試合初めての連打で出塁し、1死1・2塁のチャンスを迎える。3番瀧澤(②山梨学院)のセカンドゴロ、立大は併殺を試みるも1回戦から再三にわたり好守で早大の攻撃を阻んできた笠井(③桐蔭学園)が痛恨の悪送球となり、その間に福岡が生還し、思わぬ形で早大が先制する。

立大は小島に初回以降ノーヒットに抑えられていたが、7回には先頭の飯迫(④神戸国際大附)が内野安打で出塁し、4番藤野(③川越東)が犠打で送り得点圏にランナーを運ぶものの、あと一本が出ない。8回にも代打・田崎(④長崎西)がレフト前ヒットで出塁し、これを笠井が送るも、代打・林中(②敦賀気比)がセンターフライ、好調の種田(④大垣日大)も空振り三振とギアをあげた小島から得点を奪えない。

その裏、早大は岸本が内野安打、檜村(③木更津総合)が絶妙のセーフティバントで出塁し、2死2・3塁となったところで、早大の代打の切り札・田口(③早稲田実業)がしぶとくレフト線に落とし、2者生還。ゲーム終盤に、早大には大きい追加点が入る。

最終回の小島は藤野に2死から内野安打での出塁を許すものの、昨日サヨナラホームランを打った江藤(③東海大菅生)を空振り三振に仕留めゲームセット。小島は2017年春季リーグ早立1回戦以来の完封勝利で、通算20勝目を飾る。対する田中誠は自責点0の敗戦投手となってしまう。優勝戦線にとどまるためにも、春季リーグ6勝を挙げ、最優秀防御率のタイトルに輝いた田中誠の活躍が渇望される。