序盤に大量リードを奪った明大が7対4で慶大に逃げ切って今季初勝利。今カードの勝敗を1勝1敗として明日24日の3回戦に持ち込んだ。

 前日勝利の勢いを持ち込みたい慶大だったが、先発の菊地恭志郎(4年・慶應志木)が乱調で、初回にいきなり3者連続四球で無死満塁のピンチを招く。このチャンスに明大は、この日自身初の4番に座った平塚大賀(4年・春日部共栄)が「三振したら何も起こらない。前の3人が繋いでくれたので、ガムシャラに食らい付いていった」と外角ストレートを1、2塁間に弾き返し、ライト前への2点タイムリー。さらに内野ゴロの間に1点を奪って初回に3点を奪うと、続く2回にも相手のミスと渡辺佳明(4年・横浜)のタイムリーで2点を追加。序盤で5点のリードを奪った。

自身初の4番で3安打2打点の活躍を見せた明大・平塚

 この援護点で「楽に投げられた」という先発の森下暢仁(3年・大分商)は4回まで一人の走者も出さないパーフェクトピッチング。5回に味方のエラーから失点し、3ランを被弾したが、「今日は絶対に勝つ」と6回以降は再び隙を見せない投球で9回を124球、4安打4失点(自責3)での完投勝利をマーク。善波達也監督も「試合の流れを作ってくれた」と称賛した。
 明大打線は4回にも2点を奪うなど、計12安打で7得点。前週の法大戦では3試合で5得点だっただけに、「明るい材料になったと思います」と善波監督。その中で3安打2打点の活躍を披露した4番・平塚は「昨日負けて、チーム全体で話をして、ここから8試合全部勝つという意思をみんなで統一した。今日はみんなその気持ちが出ていたと思います」と胸を張った。今季5試合目で得た、ようやくの初勝利。明日の3回戦で、その真価が問われる。

9回124球完投で今季初勝利を挙げた明大・森下暢

■明治大vs慶應義塾大2回戦
明治大   320 200 000=7
慶應義塾大 000 040 000=4
【明】○森下暢-西野
【慶】●菊地、石井、木澤、森田晃、津留﨑-郡司
本塁打:慶應義塾大・中村《5回3ラン》

◎明治大・善波達也監督
「やっと勝てましたね。初回にああいう形で菊池君が立ち上がりに乱れて、もらった的な得点でしたけど、今のうちにとってはありがたい得点でした。森下が(5回の味方の)エラーまでは完全に抑えていて試合の流れを作ってくれた。(4番で先制打の)平賀はうまく1、2塁間に打って、その後も右方向に、彼らしくいろんな球に対応できるようになった。4番というよりは4番目という感覚。何とか繋がればいいと思っていました。明日も打ってもらいたい。(計12安打に)明るい材料になったと思います。明日何とかもう一回、しっかりと戦いたい」

◎明治大・森下暢仁(3年・大分商)
「チームがぜんぜん勝てていない中、今日勝たないと優勝がない、絶対に勝とうと思ってマウンドに上がった。初回に3点を取ってもらって楽に投げられた。自分の中でも余裕があった。でも、内容はぜんぜん納得していない。これまで8回、9回に点を取られることが多かったので、そこは絶対に抑えてやろうと思って投げました。絶対に明日勝たないといけない。自分がどういう形で出番が回って来るか分からないですけど、しっかりと準備をしたい」

◎明治大・平塚大賀(4年・春日部共栄)
「(先制打の場面は)無心です。外に外しに来たストレート。三振したら何も起こらない。前の3人が繋いでくれたので、ガムシャラに食らい付いていった。4番は初めて。入学したころは自分が4番というのは想像できなかった。でも重圧はなかった。スタメンに下級生が多かったので渡辺と2人で何とか引っ張って行こうと思いました。右方向にも強い打球が打てるというところを意識して取り組んできた。今日はその成果が出せた。昨日負けて、チーム全体で話をして、ここから8試合全部勝つという意思をみんなで統一した。今日はみんなその気持ちが出ていたと思います」