先日、患者さまで「なんか疲れた顔してるよ?」と周りに言われることがお悩みという方がいました。

そこで今回はどうして疲れている顔に見えてしまうのか!原因を書いていきたいと思います!!


疲れ顔の特徴【目の下にクマがある】
疲れ顔の特徴その1は、目の下にクマがあることです。
目の下のクマは、昔から睡眠不足のシンボルです。
メイクでクマを可愛らしく強調できればいいのですが、本当に睡眠不足でできてしまったクマは、ただどよーんとした雰囲気を漂わせるだけです。

疲れ顔の特徴【顔色が悪い】
疲れ顔の特徴その2は、顔色が悪いことです。
顔色が真っ青、もしくは白いというのは、血色がいいように感じられず、とてもじゃないけど健康的ではありません。
貧血や悪い病気を抱えているのではないかと、心配になってしまいます。

疲れ顔の特徴【顔にむくみがある】
疲れ顔の特徴その3は、顔にむくみがあることです。
むくみはアルコールや塩分を摂りすぎた時に出てくる症状です。
むくみの度合いによっては、アルコールの摂りすぎは疑ったり、腎臓病などの重篤な病気が隠れている可能性を疑ったりする必要があります。

疲れ顔の特徴【目が充血している】
疲れ顔の特徴その4は、目が充血していることです。
目の充血は、主に目を酷使した時に現れる症状です。
どれだけ元気でも、どれだけ精力的に動いていても、目が充血しているだけで、ずいぶん疲れたように見えるから不思議です。

疲れ顔の特徴【肌が荒れている】
疲れ顔の特徴その5は、肌が荒れていることです。
スキンケア不足が原因であれ、季節の変わり目が原因であれ、肌が荒れている時点でまったく元気なようには見えません。
むしろ、肌荒れは何十歳にも上に見せてしまうことがある、と言っても過言ではありません。

・合わせて読みたい→
今こそ見直そう!婦人科系の病気を引き起こすNG習慣5つ(http://cocokara-next.com/lifestyle/disease-of-the-gynecological/)

原因【ストレス】
現代を生きる私たちは、職場や学校、家庭においても様々なストレスにさらされています。
それが原因とわかるストレスもあれば、原因のわからないストレスもあります。
ストレスが溜まって心身ともに疲れると、それが顔にしっかり現れてしまって、疲れ顔になるのです。
ストレスは内臓や心の状態にまで影響を及ぼします。

原因【目の使い過ぎ】
現代社会を生きていく上では、もはやスマホやパソコンは欠かせません。
プライベートだけならいざ知らず、仕事でもパソコンの前にかじりつきっ放しとなると、かなり目を酷使していると言えます。
目を使い過ぎると、目が充血してきたり、ショボショボしてきたりと、いろいろな症状が出てきます。
「今は何ともないから」と放っておくと、将来とんでもない目の病気を引き起こす可能性もあります。

原因【睡眠不足】
目の下にクマがある特徴に見られるように、睡眠不足は疲れ顔をあっという間に形作ってくれます。
日常的に睡眠不足が続いている人は、無理してでも睡眠時間を確保するように努めましょう。
ある研究機関によると、睡眠不足だと睡眠をしっかりとっている人と比べて、健康にも魅力があるようにも感じられないというデータがあります。

原因【スキンケアが足りない】
お肌を最高のコンディションにキープするのは、なかなか難しいことですが、肌荒れや肌トラブルを防ぐためには、スキンケアは必須です。
美容業界で徹底されているスキンケア方法は、お肌を乾燥させないことです。
そのためには、しっかり保湿することが大切です。
普段から肌トラブルに悩まされている人も、そうでない人も、季節によっては、スキンケアの中でも保湿を最優先に考える必要があります。

原因【血行不良】
女性に多い血行不良は、むくみや冷え性などのイヤな症状を引き起こします。
それが疲れ顔に見せてしまうから困ったものです。血行不良は体が冷えることで起こります。
そのため血行不良を改善するには、体を温めることが何よりの方法です。
1回やっただけでは改善されませんが、習慣化することで血行が促進されていきます。

原因【リンパの流れが悪い】
血行不良と同じく、リンパの流れが悪いことも疲れ顔につながります。リンパが滞ると、むくみが出てくるのが感じられるでしょう。
リンパの流れが悪いと、体の中の老廃物が排出されにくくなり、疲れが溜まりやすくなってしまいます。
リンパの流れを改善するのに最も有効なのはマッサージです。

[文:meilong スタッフ]

【リピート多し!】Meilong初診カウンセリング料+20%offチケット

「東京・恵比寿で美容鍼灸,鍼灸治療をお探しならmeilongへ(http://www.meilong.jp/」

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

meilong 院長・石川美絵(いしかわ・みえ)


資格
・鍼灸師(はり師・きゅう師)国家資格
・イタリアAISO認定 オリーブオイルソムリエ

所属学会
・日本刺絡学会
・健康美容鍼灸協会
・NPO法人全国鍼灸マッサージ協会
・日本伝統鍼灸学会
・東洋医学会
・不妊カウンセリング学会
・千葉大学医学部附属病院 和漢診療科 臨床研修生
・診療連携ネットワーク協会

対応言語 英語

プロフィール
大学では栄養学を学びテレビ局、IT企業、広告代理店などに勤務し、20代後半時の大きな人生の挫折から東洋医学の世界に出会う。鍼灸と漢方の奥深さに魅かれ鍼灸学校に入学し鍼灸師免許を取得。学生時代は40院の経営兼柔道整復師・鍼灸あん摩指圧マッサージ師でもある先生のアシスタントをし、国家資格取得後、北京中医薬大学卒でもある鍼灸30年の先生から技術を取得する。さらに美容鍼灸のパイオニアに師事し、世界で活躍する日本鍼灸の技術に刺激され研究を重ねる。さらに100件以上の治療院・クリニック・スパ・エステなどを周る。ホテル椿山荘の鍼灸治療施設「KENBITOKYO」、「東方健美」へ勤務した後、四谷に紹介制治療院Meilongを開業。
世に鍼灸を広めたくmeilong恵比寿院をオープン!

著書、出演
・DVD特効ツボ50連発 (医療情報研究所)
・第1回はりきゅうマッサージグランプリ パネリスト(北川毅氏、西田真医師、石川美絵)
・人材派遣会社willoneセミナーにて美容カッサ、美容経穴セミナー講師
・TBSテレビ「白熱ライブ ビビット」
・雑誌「anan」
・暮らしラボ 記事執筆

【夏に向けての美容と薬膳料理】
【基礎代謝が最も下がるのは、8月だってご存知でしたか?】
【東洋医学視点からの住まいのお話】

【リピート多し!】Meilong初診カウンセリング料+20%offチケット