早稲田大学 0 -1x 立教大学
勝: 中川 敗: 早川
本塁打:立大・江藤 1号(10回)

 

息詰まる投手戦は、延長10回に立大・江藤(③東海大菅生)のサヨナラ弾で幕切れとなった。

最初にチャンスをつかんだのは早大。2回表2死より2塁打で出塁した檜村(③木更津総合)が、池田(④高岡南)のセンター前ヒットの間に本塁を狙うものの、立大・種田(④大垣日大)からの送球を受けた藤野(③川越東)が飛び込みタッチアウト。早大は好機を生かせず、また立大は連敗を避けるためには先制を許さない。

先発の早大・今西(②広陵)と立大・川端健(①秀岳館)はヒットでランナーを許すものの、後続を断ち切り危なげないピッチングを続ける。両投手ともにテンポよく投げ込み、6回終了まで今西は3安打・5奪三振、川端健は4安打・4三振とつけ込む隙を与えない。

早大は7回に再びチャンスをつかむ。2死1・3塁のチャンスで、好投の今西に代打を送り勝負を賭ける。代打・重田(③佐賀西)がレフト前に運ぶヒット性のあたりを、立大遊撃手・笠井(③桐蔭学園)がジャンプ一閃、ボールをつかみ取りここでも先制点を与えない。

早大は秋季リーグ戦では復調の兆しを見せる早川(③木更津総合)がリリーフ。今西同様に立大打線に好機を作らせないピッチングが続く。立大・川端健も1段ギアをあげたピッチングで、9回には失策・ヒットで2死1・2塁のピンチとなるも、早大・福岡(③川越東)を空振り三振に抑え、最終回の攻撃に頼みをつなぐ。

立大は9回に飯迫(④神戸国際大附)・藤野(③川越東)がヒットで出塁し2死1・2塁のサヨナラのチャンスで代打・林中(②敦賀気比)を送るものの、早川が踏ん張り空振り三振。延長戦に突入する。

立大は中川(②桐光学園)が先頭・西岡(④早稲田実業)にヒットで出塁を許すものの、藤野が西岡の盗塁を刺し、3人で終える。その裏、早川にあっさりと2つのアウトを取られるものの、10回の守備から途中出場している江藤(③東海大菅生)が2球目を強振し、打球はライトスタンドへ突き刺さるサヨナラ弾!負けられない立大が劇的なサヨナラ勝ちで五分の星に戻した。