第1週で勝ち点1を獲得し、このまま勢いに乗りたい慶大が迎えた第2カードは強敵・明大との対戦。2回裏に先制ホームランを許すも、先発・髙橋佑樹(環3・川越東)の好投と、開幕から好調の中村健人(環3・中京大中京)の適時打で何とか試合を振り出しに戻した。9回には嶋田翔(環2・樹徳)の今季初アーチが飛び出し、勝ち越しに成功。なんとか慶大が粘り勝ち、勝ち点獲得に向けて白星スタート切った。

 

 

まだ暑さが残っていた神宮も、やっと少し肌寒くなった。昨季は激しい優勝争いを繰り広げた強敵・明治との戦いは、秋雨の降る中で慶大の攻撃から始まった。しかし初回は先発・竹田の前に三者凡退に倒れる。対する明大も先発・髙橋佑の前に4番越智は空振り三振。両者ともに一歩も譲らない。

 

試合が動いたのは2回裏。先頭打者は5番北本一樹(文3・二松学舎大付)。その初球、甘い変化球を打ち返した打球は左中間を抜けてスタンドに飛び込み、明大に先制を許す。しかし髙橋佑はその後落ち着いたピッチングを見せ、なんとかこの回を1失点に抑える。

 

3回表、ピッチャー髙橋佑がセンターヒットを放ち、自らチャンスを作るも後に続かず、両校とも見せ場のないまま試合は後半戦へ突入。

 

何とか1点を返したい慶大は6回表、郡司裕也(環3・仙台育英)が内野安打で出塁すると、続く内田蓮(総4・三重)の犠打で進塁。そして開幕から打撃の好調が続く中村がセンターに適時打を放ち、郡司がホームイン。中村のここぞの一本で、試合は振り出しに戻った。

 

その後も髙橋佑は安定したコントロールで明大打線を三者凡退に封じ込めるが、慶大も同じく三者凡退が続き、試合は動かない。

 

8回裏、エラーでランナーを許すとヒットを放たれ、1死一、三塁というこの試合最大のピンチを迎える。しかし髙橋佑は続く二人の打者を見事にフライで打ち取り、明大に勝ち越しを許さないまま、良い流れで最終回を迎える。

 

迎えた9回表、8回までの髙橋佑の好投に応えたのは嶋田だった。真ん中に入った失投のスライダーを捉えると、高く舞い上がった打球はレフトスタンドへ。嶋田の今季初アーチで勝ち越しに成功した。後続は絶たれたものの、ついに明治を追い込んだ。

 

最後にリリーフとしてマウンドに上がったのは髙橋亮吾(総3・慶應湘南藤沢)。7番代打・内山にライト前ヒットを打たれると、続く代打・佐野に四球を許しサヨナラのランナーを背負い1死一、二塁のピンチを迎える。慶大の粘り勝ちか、明大のサヨナラか。しかしさすがは慶大のエース、ピンチに動じることなく落ち着いた投球で二者連続空振り三振で見事に抑え勝利。大事な初戦を逆転でものにした。

 

 

中盤まで苦しい展開ではあったものの、投手の見事な粘りで、慶大は勝ち点2の獲得に向けた大きな一手を掴んだ。しかし先週法大に勝ち点を許し、絶対に負けられない状況の明大がこのまま終わるはずがない。次の試合も気の抜けない激戦になることは間違いないだろう。